ウェピックスではウェブ界の情報をピックアップします!
menu
ホーム > IT用語集 > JAVA(ジャバ)

JAVA(ジャバ)

Pocket

  • Javaはオブジェクト指向のコンパイル型汎用プログラミング言語

Java とは、1995年に Sun Microsystems(サン・マイクロシステムズ)社が開発したオブジェクト指向の汎用プログラミング言語です。広義には、プログラムの実行環境や開発環境であるコンピューティングプラットフォームのことでもあります。C言語やC++の影響を強く受けており表記方法がこれらの言語と似ています。Java はそれまでにあった言語の良い点や欠点などを踏まえて最初から設計された優れた言語です。2013年に世界で最も人気のあるプログラム言語に選ばれ、様々なアプリケーションやゲームなどの開発で使用されています。Java と JavaScript は別の言語であり互換性はありません。

Java はプラットフォームに依存しない技術で「Write Once, Run Anywhere(WORA:一度書けば、どこでも実行できる)」と言われています。Javaで開発されたプログラムは、OS(オペレーティング・システム)やCPUの種類に依存することがなく、基本的にはどのようなコンピューター環境であっても動作することが可能です。このようなクロスプラットフォーム機能を実現しているのが、Java技術によって構築されたJava仮想マシン(JVM)です。JavaのソフトウェアはこのJava仮想マシン上で動作します。JVMは、プラットフォーム間の互換性を維持するだけでなく、堅牢な実行環境を提供し、セキュリティーや安定性の向上にも貢献しています。

JVMは各プラットフォームに応じてJavaで記述されたプログラムを実行可能な形式に変換し実行します。この実行形式を機械語やネイティブコード、オブジェクトコードなどと言います。これに対して最初に人間がJava言語で記述したコードをソースコードと言います。Javaの場合、このソースコードをコンパイラによってJavaバイトコードと呼ばれる中間コードにコンパイルします。このバイトコードが配布形態となり、このコードがJVMによってネイティブコードへ変換されて各プラットフォームで実行されます。

Java のライブラリは豊富に用意されていますが、特にネットワーク関連機能が充実しており、インターネット時代のニーズを満たした人気言語である所以がここにあります。

Java はそれまでにあった言語の良い点や欠点などを踏まえて最初から設計された言語であり、中でも最初からオブジェクト指向性を備え、開発の効率性や保守性の向上が図られています。

現在、Javaは最先端のプログラムテクノロジを支えている基礎の1つとなっています。一方で様々なプラットフォームで動作する自由度の高さからローエンドでも頻繁に使用されています。モバイル機器、スーパーコンピューター、サーバー、ワークステーション、など非常に多くの分野で活躍しています。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-java/trackback/