menu
ホーム > IT用語集 > Javaサーブレット(Java Servlet、ジャバ・サーブレット)
UPDATE:

Javaサーブレット(Java Servlet、ジャバ・サーブレット)

IT用語辞典

  • Javaサーブレットは、Webサーバーで動的なページを生成するためにJava言語によって作成されたサーバーサイドプログラム

Javaサーブレット(Java Servlet、ジャバ・サーブレット)とは、Webサーバー上で動的なWebページを生成したり複雑なデータ処理を行うために、Java言語によって作成されたサーバーサイドプログラム(アプリケーション)です。Javaサーブレットは単に「サーブレット」と呼ばれる事もあります。Javaサーブレットは、Java言語で記述されていることにより特定のハードウェアやOSに依存する事がありません。Java Servletは、主にWebサーバーと連携してWebアプリケーションでの使用が想定されたものです。サーブレットをWebサーバーに追加することで、サーバー機能の拡張が図れます。

Javaサーブレットを利用することで、Webサーバーは動的なサービスをクライアントに提供できるようになります。CGIなどと同じような機能を提供します。本来、Webサーバーだけでは、保存している文書をそのまま送信する静的なページしか生成できず、どのクライアントにも同じ内容のHTMLページしか表示できません。これはステートレス(状態を保持しない)なシステムです。そのため、Webサーバー上で動的な処理を行う機能が必要になります。そのための仕組みの1つがJavaサーブレットになります。サーブレットで機能拡張したWebサーバーでは、ECサイトなどステートフル(状態を保持する)なシステムを構築できるようになります。

Javaサーブレットは、一度呼び出されるとそのままメモリに常駐します。このことはCGIや他のサーバー・サイドプログラムとの大きな違いになります。その為、CGIなどに比べて比較的高速な処理が出来ます。

当初はSUNマイクロシステム社のJava Web Serverの機能の一つとして提供されていました。後に、その仕様がJava Servlet APIとして確立し、Webサーバー向けにサーブレットの実行環境が提供されるようになりました。

※JavaサーブレットとJSP
Javaサーブレットはサーバサイドで動作するJava言語で作成されたアプリケーションです。CGIと似た動作をします。JSPもJava言語で作られたサーバサイドプログラムです。JavaサーブレットやJSPは、Webサーバーで動的なサービスをクライアントに提供するための仕組みです。クライアント(Webブラウザ)からの要求に応じて動的なページを生成し、実行結果をクライアントに送信します。
JavaサーブレットとJSPの大きな違いは、JSPはHTMLファイルの中に直接Javaコードを記述することが出来る点です。そして、JSPでは出力結果もHTML形式で送信することが出来ます。このようにJSPでは、HTMLファイルの中に直接Javaコードを記述するだけで動的なページを生成できるので、デザイナーによるメンテナンスが容易になります。このような特徴を生かし、サーバ内部の処理はJavaサーブレットで行い、画面表示はJSPで行うということが可能です。


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-javasrvlet/trackback/

page top