menu
ホーム > IT用語集 > PaaS(パース、パーズ)
UPDATE:

PaaS(パース、パーズ)

IT用語辞典

  • PaaS はアプリケーション開発用の基盤となるプラットフォームをインターネット経由で提供するサービス

PaaSとは、【Platform as a Service】の略称で、アプリケーション開発用の基盤となるプラットフォームをインターネット経由で提供するサービスです。一般的にはプログラム実行環境と説明される場合もあります。

PaaS は、サーバーマシンなどのインフラに加え、OS(オペレーティング・システム)、ミドルウェア、Webサーバー、データベースサーバー、PythonやJavaなどのプログラム実行環境など、アプリケーションを開発し、さらに実行させるための環境一式が提供されます。また、開発者は PaaS で構築したアプリケーションソフトウェアをインターネット上に公開し一般ユーザーへ提供することも可能です。

PaaS の 元となるサービスに SaaS があり PaaS は SaaS を一段より深めたサービスとなります。SaaS では、既成のアプリケーションをインターネット経由で利用するサービス形態ですが、これに対して PaaS では、SaaS 形態で展開可能なアプリケーションを開発・実行できるプラットフォームをインターネット経由で利用できるサービスとなります。

PaaS の実行環境は必要に応じてスケールアップ/スケールアウトすることが可能です。必要に応じて迅速にサーバーリソースを調達することで処理能力を拡大、必要なくなれば元に戻すことも速やかに行えます。これは、SaaS や IaaS と同様、クラウドコンピューティングの大きな特長でもあります。また、従来のレンタルサーバーにはない特長でもあります。また、Node.js や Ruby on Rails などをサポートし、より開発者よりのサービスとなっており、この部分もレンタルサーバーでは弱く、PaaS の特長の1つと言えます。
従来、業務用の基幹システムなどを構築する際、開発主は、サーバーマシン、ネットワーク機器、OS、ミドルウェア、各種サーバーアプリケーションなど、必要となるハードウェアやソフトウェアを一式準備し、開発環境を構築・運営する必要がありました。PaaS は、これらの業務を一式肩代わりするサービスです。

IaaS の場合、物理サーバーを準備する必要はありませんが、仮想サーバーを借り、OSを選択してインストールし、PHPやMySQLなどのサーバーアプリケーションも選択しインストールする必要があり、さらに諸々のサーバー設定をすべて行う必要があります。簡単なWebアプリケーションの公開であっても非常に手間のかかる作業になります。PaaS の場合は、これらのインストールや設定は業者側で行ってくれます。開発者は環境の構築を考えることなく開発に集中することが出来ます。拡張性や柔軟性にも富んでいるこのサービスは、インフラのみを提供する IaaS に比べ格段にユーザーの負担を軽減します。

PaaS は、利用実績に応じて費用が発生する従量制課金として提供されます。

PaaS は、2007年 米セールスフォース・ドットコムによって提唱されました。有名なPaaSサービスに Google社のGoogle App Engine、セールスフォース・ドットコムのForce.com、Microsoft社のAzure Services Platform、などがあります。

クラウドコンピューティングの代表的なサービス形態は、SaaS(サーズ)、PaaS(パース)、IaaS(イアース)に分類されています。PaaS(パース)や SaaS(サーズ)がアプリケーションなどソフトウェア環境に重点を置いたサービスに対して、IaaS は、機器や回線などのハードウェアリソースの提供が中心のサービスです。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-paas/trackback/

page top