menu
ホーム > IT用語集 > PHP(ピーエイチピー)
UPDATE:

PHP(ピーエイチピー)

IT用語辞典

  • PHPはウェブ開発に最適化されたオープンソースの汎用スクリプト言語

PHP(ピーエイチピー)とは【PHP:Hypertext Preprocessor:ピーエイチピー・ハイパーテキスト・プロセッサー】の略称で、Webサーバーの拡張機能の1つであり、ウェブ開発に最適化されたオープンソースの汎用スクリプト言語です。スクリプト言語とは、このプログラムで書かれたアプリケーションが、その動作内容を示すソースコードを台本のように解釈しながら実行する種類の簡易的なプログラム言語のことです。また、記述したプログラムは実行までの手順が簡略化されており、直ぐに結果を出力出来るのも特徴の1つです。良く知られているスクリプト言語は、JavaScript、Perl、Python、PHPRubyなどがあります。

PHPはもともと動的なWebページを作成するために開発されたため、PHPコード(スクリプトコード)をHTMLファイルの中にタグのように埋め込んで使用できる非常に便利な仕様となっています

また、PHPはインタープリター言語でもあり、C言語などのようにコンパイル(コンピュータ上で実行可能な形式に変換すること)する必要がないので、プログラムを記述したら直ぐに実行する事が出来ます。インタープリター言語とは、インタープリターという仕組みが、PHPで記述されたソースコードをコンピューターで実行可能な形式に変換しながら実行するタイプの言語です。JavaScriptも、テキストベースのインタープリター言語である為、PHP と似ていますが、PHPはプログラムコードをサーバー側で実行し、その処理結果をクライアント(Webブラウザ)側に送信する点が大きく違います。

PHPは個人で開発が始められましたが、コードが公開され、様々な開発を経て、現在では世界中で使われるプログラム言語となりました。

PHPの設定の自由度は非常に高く、シェルユーザーコマンドを全て実行可能な完全なサーバーアプリケーションを作成することもできます。逆に、厳しく制御された環境で低リスクの簡単なサーバーサイドインクルードを使用できるようなアプリケーションを構築することも出来ます。PHPは、多くの拡張モジュールやオープンソースやフリーのアプリケーションが存在し、開発者はそれらを手軽に利用できます。また、多くのOS、Webサーバー、データベースサーバーに対応しており、日本語マニュアルも完備されているので、導入が容易です。

PHPを習得すれば、HTMLだけでは実現できない動的なWebサイトが構築できるでしょう。PHPは、Yahoo、楽天、Facebookなどで採用されています(2011年11月現在)。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-php/trackback/

page top