menu
ホーム > IT用語集 > リファラー(referer) | IT用語
UPDATE:

リファラー(referer) | IT用語

IT用語辞典

  • リファラーとはアクセスされたWebページに対して、そのアクセスの直前に閲覧していたリンク元ページのURL情報

リファラー(referer)とは、主にアクセスログアクセス解析などに記載されている情報の1つです。アクセスされたWebページに対して、そのアクセスの直前に閲覧していたリンク元(参照元)ページのURL情報のことです。

ユーザーが検索エンジンから訪問してきた場合、URLパラメーター(URLに付随する情報)には検索キーワード情報なども含まれています。この場合、リンク元URL情報であるリファラーには、ユーザーがどのようなキーワードで検索したかも知ることができます。また、リンク元情報を辿ることが出来るリファラー情報を追跡することによって、そのユーザーが何処から訪問してきたのか、またサイト内でどのようにページを遷移していったのかを調査する事が出来ます。

ユーザーの訪問経路や検索キーワード、また、サイト内遷移などを知る事が出来るリファラー情報は、SEOSEMにとって欠かす事が出来ない要素の1つです。この情報からユーザーのニーズを解析し、広告対策やWebサイトの改善に役立てることが出来ます。今日では、このリファラー情報はビジネスを左右する重要なマーケティング要素の1つとなっています。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年12月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-referer/trackback/

page top