menu
ホーム > IT用語集 > SaaS(サース、サーズ)
UPDATE:2017年06月04日

SaaS(サース、サーズ)

IT用語辞典

  • SaaSはネットワークやインターネットを介して必要とする機能だけを必要な分だけ提供するソフトウェアやソフトウェアの配布形態のこと

SaaS(サース、サーズ)とは、【Software as a Service】の略称で、ソフトウェア機能を提供するサービスの一種で、ユーザーが必要とする機能だけを必要な分だけ提供するソフトウェアやソフトウェアの配布形態のことです。通常ネットワークやインターネットを介してサービスが提供される形態が主流です。又は、サーバーから必要な機能だけをダウンロードして、自分のコンピューターにインストールして利用する形態もあります。SaaS は、クラウドコンピューティングの代表的なサービス形態の1つです。

従来、ソフトウェアはパッケージ製品としてライセンス販売され、ユーザーのコンピューターにインストールして稼働させる形態でした。この場合、ユーザーにとって必要のない機能が含まれる場合も多く、それに対しても料金を支払うなどの無駄もありました。

SaaSは、必要な機能を必要な時に利用でき、利用した機能、量や期間でサービス料金を支払うことが出来ます。SaaSで提供されるソフトウェアは、サーバー側で構築・運営・保守されているので、ユーザー側はサービスを利用するだけで済みます。サービスは事業者のサーバーマシンによって提供されており、リソースは十分に確保されています。そのため、必要な時期だけ利用したり、一時的な人員の増減や処理量の増減にも臨機応変に対応できます。ソフトウェアは常に最新の状態にメンテナンスされているのもSaaSの大きなメリットです。

デメリットは、事業者の機器や通信回線などの障害が発生した場合に、サービスが利用できなくなることや、機密情報が外部へ流出するなどのセキュリティー上の問題、ユーザー個別の仕様変更などは難しい、長期で利用した場合はパッケージソフトより割高となる可能性がある、などがあります。SaaSが海外で運用されている場合は、国内法が適用されないリスクも存在します。

SaaSは、ネットワーク経由で提供される従量制課金の形態をとり、この用語はクラウドコンピューティングASPサービスと同義で使用されます。

クラウドコンピューティングの代表的なサービス形態は、SaaS(サーズ)、PaaS(パース)、IaaS(イアース)に分類されています。PaaS(パース)や SaaS(サーズ)がアプリケーションなどソフトウェア環境に重点を置いたサービスに対して、IaaS は、機器や回線などのハードウェアリソースの提供が中心のサービスです。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月12日
最終更新日:2017年06月04日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-saas/trackback/

page top