menu
ホーム > PHPの文法 > 3 式 > PHP の式
UPDATE:2017年03月20日

PHP の式

PHPリファレンス

式 簡単まとめ

1 Minute Note

  • PHPのとは値があるもののこと
  • 最も簡単な式リテラル値 定数 変数
  • 例えば、1とは1という値を持つ式となる
  • 複雑な式演算子で値を組み合わせたもの


式とは

POINT

  • PHPのとは値があるもののこと
  • 例えば、1とは1という値を持つ式となる

PHPの式とは値があるもののことです。つまり、PHPが式を評価することで「」を得ることができます。

式と言えば普通は「 1 + 1 」というような「+(プラス)」などの演算子数値を組み合わせたものを考えるでしょう。PHPの場合、これは「1」という単純な式「+(プラス)」という演算子を組み合わせて作った複雑な式ということになります。「1」 とは 「1」 という値を持つ式なのです。


最も単純な式

POINT

  • 最も簡単な式は「リテラル値」や「定数」や「変数
  • リテラル値:値自身と評価→「100」 は 「100」 という値を持つ式
  • 変数:代入されている値と評価→「$i = 100」は 「$i」 は 「100」 という値を持つ式
  • 定数:代入されている値と評価→定数は代入された値を持つ式

PHPで考えられる最も簡単な式は、「リテラル値」や「変数」や「定数」です。

リテラル値

リテラルとは「値そのも」のことを言います。

例えば、

の場合、「100」 は、明らかに、「100」 という値です。
言い換えると 「100」 は 「100」 という値を有する式です。リテラルについてはこちらを参照下さい。

変数

変数の場合、

の変数「$i」は、そこに「100」という値を代入されている値と評価されます。
言い換えると変数 「$i」 は 「100」 という値を持つ式となります。

定数

定数の場合

定数「GREETING」はそこに代入されている値と評価されます。定数は代入された値を持つ式となります。


複雑な式

POINT

  • 複雑な式演算子で値を組み合わせたもの

PHPでは

のような式は 、「1」 という値を持つ式と 「2」 という値を持つ式 を「+(プラスの算術演算子)」を使用して計算した複雑な式になります。

演算子とは、「値」を操作して別の「値」を生成するもののことです。PHPには、算術演算子や代入演算子、配列演算子など多くの演算子が用意されています。演算子の詳細はこちらを参照下さい。


サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果
リテラル値
100

変数
100

定数
Hello world.

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

タグ: ,

日付

公開日:2011年10月25日
最終更新日:2017年03月20日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/phpref-expressions/trackback/

page top