menu
ホーム > PHPの文法 > 1 基本構造 > PHP の 変数名
UPDATE:2017年08月30日

PHP の 変数名

PHPリファレンス


PHP の 変数名簡単まとめ

1 Minute Note

  • 変数名の最初は $ (ドル) 記号
  • 変数名では 大文字小文字は区別される
  • 変数名 1 文字目
    [ a~z ](大文字小文字区別される) or
    [ A~Z ](大文字小文字区別される) or
    [ Ox7F~0xFF ](ASCIIコード) or
    [ _ ](アンダーバー)
  • 変数名 2 文字目以降
    1 文字目+[ 0~9 ]数字が追加
変数名は常に「$(ドル)」記号で始まり、変数名の最初の1文字目で使用できる文字と2文字目以降で使用できる文字には規則があります。大文字小文字も区別されます。


変数名の命名規則

POINT

  • 最初は「$(ドル)」記号
  • 変数名では大文字小文字は区別される
  • 1文字目使用できる文字
  • [ a~z ] 大文字小文字は区別される
    [ A~Z ] 大文字小文字は区別される
    [ Ox7F~0xFF ] コードを持つ文字
    [ _ ] アンダーバー
  • 2文字目以降
  • 1 文字目+[ 0~9 ]数字が上記に加わる

変数名は識別子です。識別子についてはこちらをご参照下さい。変数名は常に「$(ドル)」記号で始まります。変数名の最初の1文字目として使用できるのは、「アルファベットの大文字と小文字」、「アンダースコア( _ )」、「ASCIIコードで、( 0x7F )から( 0xFF )までの文字」のいずれかのみとなります。0x7F~0xFF(ASCIIコード)を使用することで、日本語の変数名も付けることが出来ます。ひらがな、カタカナ、漢字などです。アルファベットは大文字小文字が区別されます。2番目以降には、1文字目で使用できる文字に加えて「 0~9 の数字」も使用できます。
PHPでは、変数宣言や型の宣言は必要ありません。

以下はそれぞれ異なる変数名です。

以下の場合、変数名を数値で始めたり、アンダーバー以外の記号を使用しているのでエラーになります。


変数名について

POINT

  • 変数名は分かりやすい名前を付ける

識別子の項でも書きましたが、変数名を決めること(ネーミング作業)はプログラムコードを記述する上で大切な作業の一つです。変数名が長いとコードも長くなりますし、読み辛くもなります。短すぎると他の変数名と被ってしまう場合があります。変数名は適当な長さ格納している値がどのような値なのか連想できる名前を付けるようにするとよいでしょう。

例えば、文字列ならstringのsを頭文字に使用して $sName = ‘山田太郎’;、数値ならintのiを頭文字に使用して $iZipCode = 1112222; などどし、変数名で意図している型が連想できるように記述することを推奨するプログラマーの方もいます。

ここで注意しなければならないのは、PHPは型付けの弱い言語で、型付けの宣言がなくてもPHPが文脈から自動的に型付けをします。上記のように $sName という変数があり、文字列型を意図している変数名であっても、データ型を保証しているわけではないということです。実際には数値が格納されていて、整数型である場合もあるでしょう。PHPではそのようなことも起こりえます。$sName などとする変数名はコードを少し見やすくする一つの工夫と考えて下さい。


サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果
変数名
変数名 $varName
変数名 $VarName
変数名 $_varName
変数名 $v1
変数名 $V1
変数名 $_1

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

公開日:2011年10月7日
最終更新日:2017年08月30日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/phpref-hensuname/trackback/

page top