ウェピックスではウェブ界の情報をピックアップします!
menu
Last Update:

サポート・実績

Pocket

サポート

サポートはレンタルサーバー(共用サーバー)選びの重要なポイントの1つです。特に初心者の方にとっては大切です。なぜなら、レンタルサーバーを扱う上で分からない事や不満などは必ず出てくるもので、その際、必要になるのがサポートになるからです。サポート内容によっては、問題がスムーズに解決することもあれば、一向に進展しない場合もあるでしょう

レンタルサーバーの場合、基本的には電子マニュアルメールによるサポートとなりますが、電話サポートに対応しているホスティング業者もあります。初心者の方は電話サポートがあると助かると思います。
それでは具体的にサポートが必要となる場合を説明していきます。

サポートが必要な場合

サポートが必要なのは、大きく契約や料金などサービス内容について、サーバーの機能や操作方法などの技術的な事柄について、不具合や不満などのサービスに対するクレームについての3つに分かれます。

契約や料金などサービス内容について

契約方法契約内容について、また、その契約に基づく料金やサービス内容についてなどをサービス申込時などに確認できます。或いは、契約を変更したり解約する場合にもサポートにより詳細を確認できます。

最近のレンタルサーバーは多機能でWebアプリケーションなどのサービスも提供しており、さらにオプションサービスなどもあるので、確実にすべての内容を把握するのは大変です。料金を払い込んだ後に、自分が予想していたサービス内容と違うなどのトラブルを避けるため、不明な点などは必ずサポートに確認してみましょう。そうすることで自分が求めているレンタルサーバーを早く見つけることができるでしょう。

サーバーの機能について

上記でも触れましたが、最近のレンタルサーバーは多機能でサーバー機能以外にWebアプリケーションサービスなども提供し、これに加えてオプションサービスなどもあります。これらの機能やサービスに関して詳細情報をすべて把握するのは大変なので、必要と思われる機能やサービスに関してより詳細をサポートに確認することで、自分の要望にそぐわないプランを契約してしまうことを避け、より自分に合ったサーバーやプランを選定できます。

例えば、自分が動作させたいプログラムなどがある場合、プログラムの仕様とサーバーの仕様がマッチするかなど、機能の詳細仕様をサポートに確認することで、明確な情報を把握できるでしょう。機能内容などは、Webサイトの機能一覧に掲載されていますが、契約後のサーバーコントロール画面でより詳細情報を表示させている場合もあるので、サポートで確認する方が確実です。

また、無料でショッピングカートやウェブメールなどのWebアプリケーションを利用できる場合があります。その他に掲示板やブログ機能などを簡単に利用できるサービスの提供などもあります。このようなサーバー機能以外に提供されるサービスを活用することで、無駄な労力を掛けずに簡単にWebサービスを展開できる場合があるので、どのようなサービスがあるのかサポートに確認することも大切だと思います。

その他にも、ドメイン、SSL、メール、接続方法など、自分がより詳しく知りたい機能についてサポートに確認するようにすることで、要望に合うレンタルサーバーを早く見つけることができるでしょう

サーバーの操作方法について

サーバーの操作はホスティング業者が用意するサーバー管理画面で行うので、サーバーの操作方法は主にサーバーの管理画面の操作方法と同じ説明になります。レンタルサーバーで提供される機能の分、その操作方法の説明が用意されています。

サーバー操作以外に、サーバー機能を活用するために、メールソフトの設定方法やFTPソフトなど利用したサーバーへのファイル転送方法など、ユーザー側で行う設定についてのサポートもあります。共用サーバーには様々な機能が提供されているので、各機能の利用方法などサポートで確認する内容は多いと思います。基本的には電子マニュアルで殆どの操作を確認できるでしょう。

電子マニュアルを見ても不明な場合や不安な事があると思うので、その際は、メールや電話で技術者からより詳細の内容を確認して操作を進めることで、安心してサーバーを運用することが出来ます。

レンタルサーバーでは、サポート外の操作もあり、そのような操作方法も可能です。例えば、サーバー管理画面による操作以外に、SSHなどによる接続方法を提供している場合があり、この場合、コマンドという命令文によるサーバー操作が可能になります。このような操作をした場合は、サポート外となり自己責任で行うことになります。

不具合や不満などのサービスに対するクレーム

主に、サーバーの動作速度や安定性に関して不満がある場合にクレームとしてサポートに連絡する場合がある思います。レンタルサーバー(共用サーバー)は他のユーザーとサーバーマシンを共用するので、他のユーザーの稼働状況によって、それ以外のユーザーのサービスに影響を与える場合があります。あまり頻繁に動作が遅くなったりする場合は、サポートにメールや電話でクレームとして連絡することをお勧めします。そうすることで、共用サーバーで高負荷を掛けているユーザーに警告などが発信され状況が改善する可能性があります。また、稀に不具合や障害なども発生します。その際もサポートに連絡することで問題が速く解決する場合もあるでしょう。

このようにサポートは、あらゆる場面で必要になります。初心者の方はなるべく電話サポートがあったり、電子マニュアルが充実しているホスティング業者を候補に入れることをお勧めします。また、ある程度レンタルサーバーの扱いに慣れている人であっても、サポートは何かと役に立つことがあります。日々進化するレンタルサーバーですので、サポートを利用してサービスを十分に把握し、レンタルサーバーをしっかり活用してみましょう。

実績

ホスティング業者の実績は契約顧客数導入・稼働サーバー数、また運営年数で確認することが出来ます。

できれば実績の優れている業者を選定するようにしましょう。あまり神経質になる必要はないかと思いますが、全くの無名業者はなるべく避けるべきだと思います。レンタルサーバーに保存するデータは資産と考え、大切なお金を預けるのと同じように考えるべきです。また、ビジネス利用などする場合は、個人・法人問わず、顧客情報など、お金にも代え難い機密情報をサーバー内に保存する場合も多いでしょう。大切な情報を預けることを考えた上で業者を選定しましょう

実績のある業者だと、利用者も多く知名度も高いので、インターネット上に契約内容からサーバー操作・設定方法まで、あらゆる情報が掲載されています。これは実際にその業者と契約しているユーザーが、自分のメモのためや他の利用者のために、ブログやWebサイトなどに利用に関する情報を掲載しているためです。このような情報がネット上に多く掲載されているので、不明な点などはWeb検索することで調べることができます。これは契約者にとって大きなメリットとなるでしょう。

当然実績が優れているからといって100%安全ということはありません。「バックアップ体制」の項でも紹介しましたが、ファーストサーバーショックという事故では、バックアップも含めて完全にデータが消失してしまい復旧できませんでした。また、2013年8月頃、ロリポップのサーバーに大規模なクラッキング攻撃が仕掛けられました。これにより、WordPressを利用している8000以上の契約ユーザーのWebサイトで情報が改竄されるという事故も発生しています。

しかしながら、ホスティング業者の実績はレンタルサーバー選びのPOINTの1つとなるので、必ず確認するようにしましょう。昔から人・金・物と言われますが、今は「情報」もこれに加えられる時代になりました。情報の大切さを考え、業者を選定するようにしましょう。

タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/rentalserver-point-support/trackback/