menu
Last Update:

共有SSLとは何ですか?

Q:共有SSLとは何ですか?

A:ホスティング業者が提供するサブドメインにSSL暗号化通信を設定するサービスのことです。

共有SSLとは、ホスティング業者が提供するサブドメインのURLに対してSSL暗号化通信を設定するサービスのことです。

SSL証明書は、ホスティング業者が用意したものを使用します。この場合、SSLが適応されるURLはホスティング業者が指定したURLを利用することになります。例えば「https://ユーザID.securesites.jp/」などです。従って、ユーザー情報を入力させるページなどSSLで暗号化通信を行いたい場合は、そのページのURLはホスティング業者が用意した共有SSLのURL(独自ドメインのURLではなく)になってしまします。

SSLは、インターネット上の情報通信を暗号化する通信方法です。SSL通信を行うことによってインターネット上で安全なデータ通信を行うことが出来ます。主に個人情報やクレジットカード情報など機密性の高い情報のやり取りを行うWebページで利用されます。これにより、インターネット上でユーザーがWebサイトのページを閲覧したり、或いは、個人情報を入力したりする際、送受信するデータを悪意のある第三者による不正取得などから保護します。

共有SSLは無料で利用することが出来ます。一方、共有SSLに対して独自SSLがあります。独自SSLとは、独自ドメインのURLにSSL暗号化通信を設定するサービスのことです。独自SSLは有料になります。


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2015年7月2日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/rentalserver-qa-sharessl/trackback/

page top