menu
ホーム > javascript > JavaScript 大文字 小文字

JavaScript 大文字 小文字

JavaScriptリファレンス

大文字小文字は区別される

JavaScript では 大文字 と 小文字 を区別します。「変数名」、「関数名」、「キーワード」、「識別子(変数名、関数名、ループラベル名のこと)」で、大文字と小文字は明確に区別されます。

例えば alert() は小文字で記述します。Alert() と記述するとエラーが発生します。キーワードの while も必ず小文字で記述する必要があります。 While や WHILE などの記述は無効となります。

変数名 name Name NAME はそれぞれ異なる変数として処理されます。JavaScrip のオブジェクト名やプロパティ名の中には、HTMLのタグ名や属性名と全く同じ名前が使用されている場合が多くあります。HTMLではタグ名や属性名は区別されませんが、JavaScript では、大文字小文字が区別されます。例えば、イベントハンドラ名の onclick ですが、HTMLでは ONCLICK と記述しても大丈夫ですが、JavaScript では 小文字で onclick と記述する必要があります。

変数名

name Name NAME はそれぞれ異なる変数名となります。

  • JavaScript
  • ブラウザ
  • html

関数名

func_a と func_A はそれぞれ異なる関数名となります。

  • JavaScript
  • ブラウザ
  • html

キーワード(予約語)

キーワード(予約語)は小文字で記述します。 キーワードは、ECMAScript の仕様で既存のキーワードとして予約されているものです。

  • break
  • case
  • catch
  • continue
  • debugger
  • default
  • delete
  • do
  • else
  • finally
  • for
  • function
  • if
  • in
  • instanceof
  • new
  • return
  • switch
  • this
  • throw
  • try
  • typeof
  • var
  • void
  • while
  • with

大文字小文字の変換

toUpperCase()メソッドで小文字を大文字に変換します。toLowerCase()メソッドで大文字を小文字に変換します。

  • JavaScript
  • ブラウザ
  • html

タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年12月3日
最終更新日:2017年12月04日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/jsref-upplow/trackback/

page top