menu
ホーム > Python > Python リスト(list) インデックス配列 -入門編-

Python リスト(list) インデックス配列 -入門編-

Pythonリファレンス

Python3

Python にも他の言語と同様に複数の要素を同時に扱う機能があります。リスト(list)、タプル(tuple)、辞書(dict)、集合(set)の4種類です。一般的には配列などとも言います。リスト(list)や タプル(tuple) の場合、例えば 0 ~ 100 までの整数値をインデックスとして各番号に値(要素)を持たせ、100 までのインデックスと要素の組み合わせを1つの容器に格納するようなものです。辞書(dict) の場合、一意のkey(キー) と 値(value)を1つのセットとして各要素を構成します。集合(set)の場合、一意のkey(キー)で各要素を構成します。


Python のリスト(list)

リスト(list) は、任意の整数値をインデックスとして、順番に各要素を管理するシーケンス型のデータです。インデックス配列に近いものです。リスト は、要素の内容の変更や、要素の追加・削除、順番の変更などが行えます。リスト は要素をインデックスによる順序管理を行う場合に利用するのが良いでしょう。特に順番による管理が必要なければ、集合(set)を利用する方が良い場合もあります。リスト は、ミュータブル(データの内容を変更できる) な機能です。
※シーケンス=順番に並んだ


リスト(list)の作成と取り出し


[ ] による作成と取り出し

「[ ] (角括弧)」を使用して リスト を作成できます。格納したい各要素を「,(カンマ)」で区切ります。「[ ] (角括弧)」を オフセット(offset) と言います。

作成

「[ ] (オフセット)」で取り出し

実行結果
['Monday', 'Tuesday', 'Wednesday', 'Thursday', 'Friday', 'Saturday', 'Sunday']
Monday
Tuesday
Wednesday

「[ ] (オフセット)」で末尾から取り出し

実行結果
Sunday
Saturday
Friday

for文で取り出し

実行結果
Monday
Tuesday
Wednesday
Thursday
Friday
Saturday
Sunday


list() による作成と取り出し

list() 関数を利用すると、文字列など他のデータ型を リスト に変換できます。

作成

取り出し

実行結果
['w', 'e', 'p', 'i', 'c', 'k', 's']


整数、浮動小数点、ブール値なども扱える。

リスト は、文字列以外に整数、浮動小数点数、ブール値なども扱える。

実行結果
[845, 591, 985236, 52, 14984684]
845
591
[0.685, 10.25875, 0.000854, 58485.1, 5.00003]
0.685
10.25875
[False, True]
False
True


リスト 要素の追加

リスト の末尾に要素を追加するには、append() を使用します。インデックス番号を指定して要素を追加するには insert() を使用します。insert(0, 要素) で先頭に追加、insert(インデックス, 要素) 指定箇所に追加、insert(インデックス最大値, 要素) 末尾に追加、です。

実行結果
['username', 'mail', 'address', 'tel']
['tel', 'username', 'mail', 'address']
['username', 'mail', 'tel', 'address']
['username', 'mail', 'address', 'tel']


リスト 要素の変更

リスト[インデックス] = 要素 で指定インデックスの要素の内容を変更できます。

実行結果
['username', 'mail', 'zipcode']


リスト 要素の削除

リスト要素 の削除は、remove(要素) や pop(インデックス) で実行できます。remove() は、引数で指定した要素を削除します。一回削除するとその後は削除されません。pop() の場合は、引数に インデックス を指定し、該当する要素が削除されます。

実行結果
['username', 'mail']
['mail', 'address']
['username', 'mail']


リスト の結合

extend() は、リスト と リスト を結合します。結合元リスト.extend(結合先リスト) で結合元リストに結合先リストの要素が追加されます。

実行結果
['username', 'mail', 'address', 'tel', 'birthday']


リスト の並べ替え

sort() と sorted() でリストを昇順にソート(並び替える)することが出来ます。sort() はその場で リスト を並べ替えます。 sorted() は並べ替えた リスト のコピーを返します。

実行結果
['a', 'b', 'c', 'd', 'e', 'f', 'g']
[1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]


リスト 要素数を取得

len(リスト) で リスト の 要素数 を返します。

実行結果
10


リスト の入れ子

リスト の中に リスト を入れることができます。リスト の入れ子です。例では、入れ子の リスト を for文 で表示させています。

実行結果
[['a', 'b'], [100, 1000], [3.14, 1.41], [True, False]]
a
b
100
1000
3.14
1.41
True
False


タグ(=記事関連ワード)

タグ: ,

日付

投稿日:2017年9月6日
最終更新日:2017年09月27日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/pythonref-list/trackback/

page top