menu
ホーム > Python > Python ブール値の True と False -入門編-

Python ブール値の True と False -入門編-

Pythonリファレンス

Python3


ブール値とは?

真偽を表す値、 True と False
値※頭文字は大文字 内容
True 真 を表すキーワード
False 偽 を表すキーワード

Python では全てのデータがオブジェクトかオブジェクトと関連するものとして表すことが出来ます。そして、すべてのオブジェクトを 真偽で判別することが出来ます。プログラム中で真偽を表す最も代表的な値は、キーワードの True と False です。それぞれ 真 と 偽 を表します。頭文字が大文字です。True や False はブール型(bool型やBooleanType型)のブール値(論理値)です。

実行結果
<class 'bool'>
<class 'bool'>

type() で型を確認すると、bool となります。


真偽と判定される値

Python は全ての値をオブジェクトで表すことが可能で、オブジェクトは真偽の判定が出来ます。つまり、どのような型の値でも真偽の判定が出来ます。各型の真偽はどのように扱われるか見てみましょう。

真と判定 偽と判定
ブール型 True False
文字列型 空以外 空文字列 '' や ""
数値型 0 や 0.0 以外 0 や 0.0
リスト型 空以外 空リスト []
タプル型 空以外 空のタプル ()
辞書型 空以外 空お辞書 {}
集合型 空以外 空の集合 set()

殆どの場合、空の値 や 0 以外は 真 として扱われます。


if文でのブール値

ブール値 は if文 の条件式などで利用されます。

実行結果
string is true.
"" is false.
10 is true.
0 is false.
0.0 is false.
[] is false.
() is false.
{} is false.
set() is false.
None is false.


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年11月28日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/python-bool/trackback/

page top