menu
ホーム > PHPの文法 > 2 データ型 > PHP の データ型 について
PHPリファレンス

UPDATE:2020年06月26日

PHP の データ型 について

PHP の データ型 について | wepicks!

PHP4.3 PHP5 PHP7

1 Minute Note

  • データ型とは データの性質のこと
  • PHPは 型付けの弱い言語
  • PHPの8つのデータ型:
  • 文字列型(string)
    整数型(integer)
    浮動小数点数型(float)(double)
    論理型(boolean)
    配列型(array)
    オブジェクト型(object)
    リソース型(resource)
    NULL(null)
    (スカラー型)
    (スカラー型)
    (スカラー型)
    (スカラー型)
    (複合型)
    (複合型)
    (特殊型)
    (特殊型)
  • PHPの3のデータ種類:
  • スカラー型
    (文字列型)
    (整数型)
    (浮動小数点数型)
    (論理型)
    複合型
    (配列型)
    (オブジェクト型)
    特殊型
    (リソース型)
    (NULL)
  • データ型判別関数:
  • is_string()
    is_int()
    is_float()
    is_bool ()
    is_object()
    is_array()
    is_resource()
    is_null()
    文字列型 かどうかを調べる
    整数型 かどうかを調べる
    浮動小数点数型 かどうかを調べる
    論理型 かどうかを調べる
    オブジェクト型 かどうかを調べる
    配列型 かどうかを調べる
    リソース型かどうか調べる
    NULL型かどうか調べる
データ型とは整数や文字列など、データ(値)の性質のことです。PHPには8種類のデータタイプがあります。


データ型とは

POINT

  • データ型とは データの性質のこと

データ型(データタイプ)はそのデータ(値)の性質を表しています。例えば、そのデータが "Hello" や "こんにちは" などのような文字であればデータ型は文字列型となり、データが 100 や -1、3.14 などの数値であれば、データ型は整数型浮動小数点数型などとなります。

PHPの型付け

POINT

  • PHPは 型付けの弱い言語

プログラム言語におていデータの型というのはとても大切なものです。データの性質を理解することで、その値を正しく処理するコードが記述出来ます。PHPは型付けの弱い言語です。データの型を宣言しなくてもPHPがデータ型を自動判別して処理してくれます。型付けの強い言語ではデータを扱うのに型を宣言する必要があります。
$var はPHPが自動でデータ型を判別し型付されます。データ型の宣言は必要ありません。

型のジャグリング

PHPは規則に応じてデータ型の変換を行います。このような自動的に行われるデータ型の変換のことを型のジャグリングと言います。型のジャグリングについてはこちら。PHPがデータ型を自動判別処理してくれるので、型宣言の手間がなく、便利なのですが、その反面、自分が意図しない型として処理される場合があります。

データ型の自分の意図と自動判別の差異に注意

自分では整数型として扱っているデータが、PHPで文字列型として処理されることなどもあります。そのような場合は自分が意図している結果から誤差が生じてしまう場合があります

コードを正確に記述するためにもデータの型という概念や種類を覚えておきましょう。

強制型変換(キャスト)

PHPには強制的に型を変換する演算子が用意されています。型変換のことをキャストと言います。これらの演算子をキャスト演算子と言います。PHPのキャスト演算子の詳細はこちら

演算子名前優先順位結合時の評価結果
(string)キャスト1right(string) $a指定したオペランド $a を文字列型として扱う。
(int)(integer)キャスト1right(int) $a指定したオペランド $a を整数型として扱う。
(float)(real)キャスト1right(float) $a指定したオペランド $a を浮動小数点型として扱う。
(bool)(boolean)キャスト1right(bool) $a指定したオペランド $a を論理型として扱う。
(array)キャスト1right(array) $a指定したオペランド $a を配列型として扱う。
(object)キャスト1right(object) $a指定したオペランド $a をオブジェクト型として扱う。
(unset)キャスト1right(unset) $a指定したオペランド $a をNULL型として扱う。

結果は

string
integer

となります。

データ型の種類

POINT
  • PHPの8つのデータ型:
  • 字列型(string) 整数型(integer) 浮動小数点数型(float)(double) 論理型(boolean) 配列型(array) オブジェクト型(object) リソース型(resource) NULL(null)
    (スカラー型) (スカラー型) (スカラー型) (スカラー型) (複合型) (複合型) (特殊型) (特殊型)
  • PHPの3のデータ種類:
  • スカラー型
    (文字列型) (整数型) (浮動小数点数型) (論理型)
    複合型
    (配列型) (オブジェクト型)
    特殊型
    (リソース型) (NULL)
PHPには8種類のデータ型があります。文字列型、整数型、浮動小数点数型、論理型、配列型、オブジェクト型、リソース型、NULLです。そして、それらのデータ型は、スカラー型複合型特殊型に分けられます。 スカラー型は単一の値で作られている型です。文字列、整数、浮動小数点数、論理値がそれに当たります。 複合型(コレクション型)は複数の値で作られている型です。配列とオブジェクトがそれに当たります。 特殊型リソースとNULLです。

データ型の表

型名種類
文字列型stringスカラー型'Hello World!!'
"我思う、ゆえに我あり"
整数型integerスカラー型1、2020、-588、+98
8進数
16進数
浮動小数点数型float(double)スカラー型1.4142、-0.18
論理型booleanスカラー型TRUE | FALSE (true false)
(大文字・小文字を区別しない)
配列型array複合型array('name','address')
オブジェクト型object複合型$oObj = new ClassName();
リソース型resource特殊型resource
ヌル型null特殊型NULL | null | Null
(大文字・小文字を区別しない)

データ型の判別

PHPには データ型を判別する関数 が用意されてあります。型がマッチすると論理値 「TRUE(真)」 を返し、そうでない場合は 「FALSE(偽)」 を返します。

POINT

  • データ型判別関数
  • is_string()
    is_int()
    is_float()
    is_bool ()
    is_object()
    is_array()
    is_resource()
    is_null()
    文字列型 かどうかを調べる
    整数型 かどうかを調べる
    浮動小数点数型 かどうかを調べる
    論理型 かどうかを調べる
    オブジェクト型 かどうかを調べる
    配列型 かどうかを調べる
    リソース型かどうか調べる
    NULL型かどうか調べる

結果は

文字列型です。

となります。

結果は

浮動小数点数型です。

となります。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果
文字列
文字列型です。

整数
整数型です。

浮動小数点数
浮動小数点数型です。

論理値
論理型です。

配列
配列型です。

オブジェクト
オブジェクト型です。

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

公開日:2019年10月13日
最終更新日:2020年06月26日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpref-datatype/trackback/

page top