menu
ホーム > PHPの文法 > 6 制御文 > PHP exit; exit(); 処理の終了
PHPリファレンス

UPDATE:2018年11月06日

PHP exit; exit(); 処理の終了

PHP4 PHP5 PHP7


1 Minute Note

  • exit文はスクリプトを終了する
書式
VOID exit;
VOID exit();
VOID exit(文字列);
VOID exit(数値);
※void(ボイド)は返り値に「意味がない」ことを表します。
※返り値はありません。
※文字列や数値を指定しない場合「( ) 括弧」 無しで記述可


exit文とは

POINT

  • exit文はスクリプトを終了する
    exit;//処理の終了
    exit ('ここで終了');//処理の終了
    exit (0);//処理の終了
    

exit文は、スクリプトの処理を「exit;」と記述した箇所で終了させます。exitは言語構造です。文字列や数値などのステータスを指定しない場合は、「 ( ) 括弧 」無しで記述できます。

「 ( ) 括弧 」に文字列を指定した場合は、

void exit ([ string $status ] )
//void 空の意

statusが文字列の場合は、終了直前にstatus内容を表示します。

結果は

ここで終了

となります。

void exit ([ int $status ] )
//void 空の意

statusが数値の場合は、指定した値が終了ステータスとして使われ、表示されません。数値は0~254までの値です。

結果は

となります。何も表示されません。


サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果
exit文
ここで終了

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

公開日:2011年11月6日
最終更新日:2018年11月06日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpref-structures_exit/trackback/

page top