menu
ホーム > PHPサンプル > 文字列系 > PHP print_r 変数の内容を展開
PHPサンプル

UPDATE:2018年12月09日

PHP print_r 変数の内容を展開

PHP4 PHP5 PHP7

print_r()

書式
print_r(展開する変数);
サンプル
<?php
$array = array('a', 'b', 'c');
print_r($array);
//Array ( [0] => a [1] => b [2] => c )
?>

変数の展開 print_r()

指定した変数に関する情報を解りやすく出力します。変数には文字列や数値、配列、オブジェクトなど、すべてのデータ型を格納できますが、その内容を確認する場合に便利です。

書式

print_r(展開する変数);

結果は

Array ( [0] => Tom [1] => Bob [2] => Mark )

となります。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果

文字列の出力「print_r()」
Array ( [0] => Tom [1] => Bob [2] => Mark )

文字列の出力「print_r()」
Array ( [class] => Array ( [no] => 3 [name] => ばら組 [student] => Array ( [0] => 山田 [1] => 鈴木 [2] => 斎藤 ) ) )

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2012年3月1日
最終更新日:2018年12月09日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpsample-string-print_r/trackback/

page top