menu
ホーム > twitter > PHP で Twitter API OAuth 認証 「タイムライン取得」「つぶやき投稿」

PHP で Twitter API OAuth 認証 「タイムライン取得」「つぶやき投稿」

Twitter API

ブラウザからログインや画像投稿のアプリケーションはこちら


Twitterアプリケーション登録

Twitter API を利用するためには、Twitterアプリケーション登録が必要です。まだ登録していない方は、次の記事のTwitter OAuth 簡単接続 REST API を PHP で活用! 「Twitterアプリケーション登録」をご覧下さい。また、以下でご紹介するサンプルコードでは、Twitterアプリケーションの Consumer key、Consumer secret、Access Token、Access Token Secret などが必要になるので、併せて確認しテキストに保存などしておいて下さい。


OAuth接続するためのTwitterライブラリのダウンロード


(1) OAuth接続するためのTwitterライブラリのダウンロード

OAuth接続するためのTwitterライブラリを Twitter libraries で紹介されている、themattharris氏の tmhOAuth を使用します。使用するファイルは tmhOAuth.php の1つのみです。ファイルはGithub:https://github.com/themattharris/tmhOAuth からダウンロードできます。

最新ダウンロードファイル:tmhOAuth
サンプルで使用しているバージョンのファイル:tmhOAuth-master.zip 152 KB
Twitter OAuth認証とはTwitterの認証方式です。Twitterは元々Basic認証でしたが、セキュリティー面の向上を図るためにOAuth認証へ変更されました。Twitter API V1.1 からは、すべての情報取得にOAuth認証が必要になります。OAuthの仕様は記載されています。
Twitter application(My applications) へOAuth認証接続することで、Twitter API サービスを利用することが出来ます。Twitter API では、タイムラインの取得、リストの取得、つぶやきの検索、ツイートやリツイートなどの機能が用意されており、これらの機能をウェブアプリケーションやスマートフォンアプリケーションに実装することが出来ます。
詳しくは Docs を参照下さい。


(2) 動作環境

  • PHP Version 5.3以上であること(phpinfo();関数で確認)
  • cURL support enabledであること(phpinfo();関数で確認)
  • hash_hmac()関数が利用できること(PHP5.1.2で導入)


タイムラインを取得するプログラムの作成


(1) ファイルの設置

先程ダウンロードしたファイル tmhOAuth.php をサーバーにアップロードします。本サイトのサンプルでは https://wepicks.net/code-example/twitter-restapi/tmhOAuth/tmhOAuth.php にアップロードしています。また、hometimeline.php というファイルを作成して同じ階層にアップロードします。サンプルでは、ドキュメントルート直下に /code-example/twitter-restapi/tmhOAuth/ というディレクトリ構造を構成していますが、設置するディレクトリは任意です。
本サイトの例:

https://wepicks.net/code-example/twitter-restapi/tmhOAuth/tmhOAuth.php
https://wepicks.net/code-example/twitter-restapi/tmhOAuth/hometimeline.php


(2) hometimeline.phpの記述内容

「hometimeline.php」には以下のコードを記述して下さい。「*******」部分の「key」や「token」にはTwitterアプリケーション登録時に取得した Keys and Access Tokens を入力して下さい。

Twitterアカウントのホームタイムラインが取得できます。
– サンプル Click Here ! –


ツイート投稿のサンプルコード

動作環境は hometimeline.php と同じです。「tweetpost.php」というファイルを作成して、「tmhOAuth.php」ファイルと同じ階層にアップロードしてください。
本サイトの例:

https://wepicks.net/code-example/twitter-restapi/tmhOAuth/tmhOAuth.php
https://wepicks.net/code-example/twitter-restapi/tmhOAuth/tweetpost.php

– サンプル Click Here ! –

投稿できない場合のチェック事項。登録したTwitterアプリケーションの「Permissions」の「Access」を「Read, Write and Access direct messages」にする必要があります。この設定にしないとAPIによる書き込みが出来ません。

タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年5月16日
最終更新日:2018年08月05日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/twitterapiv11_webapp/trackback/

page top