ウェピックスではウェブ界の情報をピックアップします!
menu
ホーム > PHPの文法 > 1 基本構造 > PHP の リテラル

PHP の リテラル

Pocket

- 1 分ノート ! -

  • リテラルとは「値そのも」のこと
  • 例えば、文字列の 'Hello' や数値の 100 がリテラル値


リテラルとは

POINT

  • リテラルとは「値そのも」のこと
  • 例えば、文字列の 'Hello' や数値の 100 がリテラル値

リテラルとは、プログラムソースコード中に使用される数値や文字列を直接記述した定数のことで、値そのもののことです。「literal」という単語は「直訳、文字通りの、原文に忠実な」という意味があります。リテラルはプログラム内でそのままの形で現れます。PHPから値自身と評価されます。

例えば変数の場合は変数に格納されている内容が評価されます。以下の場合、出力が $string とはなりません。出力は「変数」という文字列になります

結果は

変数

となります。

リテラルの場合は値そのものが評価され表示されます。

結果は

Hello
1

となります。

このように、数字の 1 や文字列 'Hello' などPHPプログラムコード中に直接記述し、そのものが評価される値の事をリテラルといいます。
また、'Hello'のようにクォーテーションで括った場合は文字列リテラルとして扱われ、数値を直接記述した場合は数値リテラルとして扱われるなど、記述方法によってリテラルが分類されます。「" ' (クォーテーション)」で囲むなどの書式も含めてリテラルと呼ばれる場合もあります。


サンプルコード

各リテラルの表記方法(書式)

リテラルはプログラムを記述するのに必要不可欠なものです。リテラルがなければプログラムは記述できないといってもいいでしょう。


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2011年10月2日
最終更新日:2017年03月25日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/phpref-literal/trackback/