menu
ホーム > PHPの文法 > 1 基本構造 > PHP の 論理値 TRUE と FALSE
PHPリファレンス

UPDATE:2019年09月18日

PHP の 論理値 TRUE と FALSE

PHP の 論理値 TRUE と FALSE | wepicks!

PHP4 PHP5 PHP7

論理値 簡単まとめ

1 Minute Note

  • 論理値を表す 値 のこと
  • 真を表す論理値:
    キーワード TRUE | true (大文字小文字区別なし)
  • 偽を表す論理値:
    キーワード FALSE | false (大文字小文字区別なし)
  • FALSE と見なされる値
    表示なし
    キーワード FALSE | false
    整数 0
    浮動小数点 0.0
    空の文字列 " "
    空の文字列 ' '
    文字列 "0" (文字列としての0)
    要素数が 0 の配列 $ary = array();
    プロパティーやメソッドを含まない空のオブジェクト
    NULL値
  • FALSE 以外は全て TRUE と見なされる
論理値 とは、 を表す のことです。真 を表す値は キーワード true で 偽 を表す値は キーワード false です。例えば、数字の 1 が整数値を表す値であるように、キーワード true や false は 論理値 を表す値です。これらのデータ型は論理型です。


論理値とは

POINT

  • 論理値 とは 真 偽 を表す値のこと
  • 真を表す論理値:
    キーワード TRUE | true (大文字小文字区別なし)
  • 偽を表す論理値:
    キーワード FALSE | false (大文字小文字区別なし)

論理値 とは、「何かが真であるか、真でないか(偽であるか)」を表すのことです。ブール(bool)値 とも言われます。又、論理値 のデータ型は 論理型 となります。論理型 は、ブール(bool)型、ブーリアン型(Boolean)とも言われます。

PHPの 論理値 は キーワードの TRUE (真) FALSE (偽)です。キーワードとして予め TRUE と FALSE がPHPで用意されています(このようなワードを予約語と言います)。大文字小文字は区別しません。true false でも同じ意になります。

if文などは、条件式の結果が 真 であるか 偽 であるかによって処理を分岐させます。条件式の結果を真偽の論理値で受け取ります。また、関数などの返り値が論理値であることも多くあります。

例えば、if文の条件式で頻繁に使用される比較演算子は結果を論理値「TRUE(真)」「FALSE(偽)」で返します。

結果は

真と見なされます。

となります。

if文の条件式に キーワード true や false の論理値を直接記述しても分岐処理されます。(最も単純な式にリテラル値があり、これは、値自身、値そのもののことです。キーワード true や false は論理値自身の式でもあります。)

結果は

真と見なされます。

となります。

結果は

偽と見なされます。

となります。

is_bool() 関数は、変数が 論理型(boolean)であるか調べ、変数が 論理型 である場合は、論理値の true を返し、そうでない場合は 論理値の false を返します。

結果は

論理型(boolean)ではありません。
論理型(boolean)です。

となります。

PHPにおいて、TRUE(真)やFALSE(偽)を表す値、或いは、TRUE(真)やFALSE(偽)と見なされる値があります。そして、それらには決まりがあります。それぞれ以下で説明します。

FALSE と見なされる値

キーワード FALSE と同じ 偽 と見なされる値があります。

POINT
FALSE と見なされる値

  • 表示なし
  • キーワード FALSE
  • 整数 0
  • 浮動小数点 0.0
  • 空の文字列 " "
  • 空の文字列 ' '
  • 文字列 '0' (文字列としての0)
  • 要素数が 0 の配列 $ary = array();
  • プロパティーやメソッドを含まない空のオブジェクト
  • NULL値

キーワード FALSE

以下はifの条件式の値が FALSE と評価された場合の例です。

結果は

FALSEと見なされます。

となります。

整数値 0

結果は

FALSEと見なされます。

となります。

空の文字列

結果は

FALSEと見なされます。

となります。

空の配列

結果は

FALSEと見なされます。

となります。

TRUE と見なされる値

POINT

  • FALSE 以外は全て TRUE と見なされます

FALSE と見なされる値以外は、全て TRUE と見なされます。

キーワード TRUE

結果は

TRUEと見なされます。

となります。

整数値

結果は

TRUEと見なされます。

となります。

文字列

結果は

TRUEと見なされます。

となります。

配列

結果は

TRUEと見なされます。

となります。

サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果
TRUE 真の値
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。
TRUEと見なされます。

FALSE 偽の値
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。
FALSEと見なされます。

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

タグ: , , ,

日付

公開日:2019年8月20日
最終更新日:2019年09月18日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpref-ronrichi/trackback/

page top