menu
ホーム > PHPの文法 > 1 基本構造 > PHP の 定数名
PHPリファレンス

UPDATE:2019年08月09日

PHP の 定数名

PHP の 定数名 | wepicks!

PHP4 PHP5 PHP7

1 Minute Note

  • 定数名では 大文字小文字は区別される
  • 定数名は 習慣的に大文字で記述
  • 定数名 1 文字目
    [ a~z ](大文字小文字区別される) or
    [ A~Z ](大文字小文字区別される) or
    [ Ox7F~0xFF ](ASCIIコード) or
    [ _ ](アンダーバー)
  • 定数名 2 文字目以降
    1 文字目+[ 0~9 ]数字が追加
定数名の最初の1文字目として使用できるのは、「アルファベットの大文字と小文字」、「アンダースコア( _ )」、「ASCIIコードで、( 0x7F )から( 0xFF )までの文字」のいずれかのみ、2番目以降には、1文字目で使用できる文字に加えて「数字」も使用可能。大文字小文字は区別されます。


定数名の命名規則

POINT

  • 定数名では 大文字小文字は区別される
  • 定数名は 習慣的に大文字で記述
  • 定数名 1 文字目
    [ a~z ](大文字小文字区別される) or
    [ A~Z ](大文字小文字区別される) or
    [ Ox7F~0xFF ](ASCIIコード) or
    [ _ ](アンダーバー)
  • 定数名 2 文字目以降
    1 文字目+[ 0~9 ]数字が追加

定数名は識別子です。識別子については「PHP の 識別子」をご覧下さい。定数名の最初の1文字目として使用できるのは、「アルファベットの大文字と小文字」、「アンダースコア( _ )」、「ASCIIコードで、( 0x7F )から( 0xFF )までの文字」のいずれかのみとなります。アルファベットは大文字小文字が区別されます。2番目以降には、1文字目で使用できる文字に加えて「数字」も使用できます。定数名は慣習的にすべて大文字で記述されています。

定数とは

定数とは、簡単な値を保持する名前(ID)です。識別子で名前を決めて、簡単な値(スカラー値:理論値、整数、浮動小数点数、あるいは文字列)を格納します。値を設定するにはdefine()関数を使用します。

結果は

特殊相対性理論 エネルギー(E) = 質量(m)×光速度(c)の 2乗

となります。

PHPには予め定義された多くの定義済み定数があります。PHPのバージョン情報や様々な環境情報が格納されています。定義済み定数については「PHP の マジカル定数(マジック定数)」を参照下さい。

定数の値

定数として使用できる文字は、スカラー値(理論値、整数、浮動小数点数、あるいは文字列)のみです。配列などは扱えません。いったん定数の値を設定すると、後で値は変更できません。一方で、変数は文字通り「」なので、値を変更できます。マジカル定数は例外であり、値が変更します。詳細はこちらを参照下さい。

定数は一度定義すると、スクリプト実行中のどこからでもアクセス可能で、定数を呼び出すことができます。定数のスコープはグローバルということになります。スコープとは影響範囲のことです。グローバルスコープの場合、スクリプト実行中はどこからでもアクセスできます。スコープについては「PHP の 変数」の頁を参照ください。

定数を設定する

定数の値を取得するには、識別子を使用し、値を設定するには、define()関数を使用します。

結果は

文字列
100
15.325

となります。

識別子の命名規則の例

アッパーキャメルケース(Upper Camel Case)(パスカルケース)

各単語の頭文字(先頭文字)を大文字で記述します。大文字と小文字の凹凸がラクダのコブのように見えることからキャメルケースと呼ばれます。Java、Python、PHP などの言語で クラス名 等で採用されています。

ローワーキャメルケース(Lower Camel Case)

最初の単語の頭文字は小文字で記述し、以降の各単語の頭文字(先頭文字)を大文字で記述します。大文字と小文字の凹凸がラクダのコブのように見えることからキャメルケースと呼ばれます。Java、C#、Swift、JavaScript などの言語で、変数名や関数名 等で採用されています。

スネークケース(snake case)(アンダースコア記法)

すべての単語を小文字で記述し、各単語の間にアンダースコアを挿入して繋ぎ合わせます。データベースのテーブル名やフィールド名などで使用されます。WordPressでは変数名や関数名の命名規則として使用しており、PHPのフレームワークcodeigniterでも、クラス名、メソッド名、変数名などで採用されています。
c、C++、Python、PHP などの言語で、変数名や関数名 等で利用されています。

コンスタントケース(constant case)

すべての単語を大文字で記述し、各単語の間に「 _ (アンダースコア)」を挿入して繋ぎ合わせます。定数名などで使用されます。多くの言語で定数名として採用されています。

ケバブケース(kebab case)

各単語の間に「 – (ハイフン)」を挿入して繋ぎ合わせます。HTML や CSS で採用されています。

システムハンガリアン記法

一番最初にデータ型の頭文字を小文字で挿入し、以降をアッパーキャメルケース(各単語の頭文字を大文字で記述)で記述します。例えば数値であれば integer の i を頭文字に挿入します。文字列であれば string の s 、浮動小数点であれば float の f となります。

サンプルコード

実行結果
文字列
100
15.325


特殊相対性理論 エネルギー(E) = 質量(m)×光速度(c)の 2乗

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

公開日:2019年8月8日
最終更新日:2019年08月09日

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpref-teisuname/trackback/

page top