menu
ホーム > PHPサンプル > 日付系 > PHP 現在の日付や時間を取得したい
PHPサンプル

UPDATE:2019年05月22日

PHP 現在の日付や時間を取得したい

PHP 現在の日付や時間を取得したい | wepicks!

date() で現在の日付や時間を取得する

php で現在の日付や時間を得るには、date() を利用します。date() は、日時の文字列を返します。
書式date()
日時の文字列 = date(フォーマット [,UNIXタイムスタンプ]);
//[ ]は省略可能です。
//返り値は文字列(string)

※UNIXタイムスタンプは、1970年1月1日00時00分00秒UTC(協定世界時と一致する標準時)らの経過秒数です。例えば2019年5月15日1時34分25秒のUNIXタイムスタンプは 1557851665 となります。

例:

結果は

2017-05-04
23:59:59

となります。

現在の日付を取得します。オプションでタイムスタンプを指定すると指定したスイムスタンプ時間の日付を取得します。タイムスタンプを省略すると現在時刻が使用されます。


date() フォーマット

取得内容フォーマット文字説明戻り値の例
Y年 4 桁の数字1999 や 2019
y年 2 桁の数字99 や 19
L閏年かどうか。1なら閏年。0なら閏年ではない。1 か 0
echo date('Y');//2019
echo date('y');//19
echo date('L');//0
F月 フルスペルの文字January~December
m月 数字。先頭にゼロをつける01~12
M月 3 文字形式Jan~Dec
n月 数字。先頭にゼロをつけない1~12
t月 指定した月の日数28~31
echo date('F');//May
echo date('m');//05
echo date('M');//May
echo date('n');//5
echo date('t');//31
d日 2桁の数字(先頭にゼロがつく場合も)01~31
j日 数字。先頭にゼロをつけない1~31
echo date('d');//07
echo date('j');//7
曜日D3文字のテキスト形式Mon~Sun
lフルスペル形式Sunday~Saturday
N数字1(月曜) から 7(日曜)
w数字0(日曜) から 6(土曜)
W数字月曜日に始まる年単位の週番号
echo date('D');//Wed
echo date('l');//Wednesday
echo date('N');//3
echo date('w');//3
echo date('W');//21
g12時間単位。先頭ゼロなし0~12
G24時間単位。先頭ゼロなし0~23
h12時間単位。先頭ゼロあり00~12
H24時間単位。先頭ゼロあり00~23
a午前/午後。小文字表示am pm
A午前/午後。大文字表示AM PM
echo date('g');//12
echo date('G');//0
echo date('h');//12
echo date('H');//00
echo date('a');//pm
echo date('A');//PM
i先頭ゼロあり00~59
echo date('i');//59
s先頭ゼロあり00~59
echo date('s');//01
ミリ秒vミリ秒 (PHP 7.0.0 で追加) uと同じ注釈が当てはまります。654
echo date('v');//000
マイクロ秒uマイクロ秒 (PHP 5.2.2 で追加)。date() の場合、これは常に 000000 となることに注意。というのも、この関数が受け取るパラメータは integer 型だからです。一方 DateTime をマイクロ秒つきで作成した場合は、DateTime::format() はマイクロ秒にも対応しています。654321
echo date('u');//000000
全日付cISO8601 フォーマット日付2019-05-15T01:04:54+09:00
rRFC2822 フォーマット日付Wed, 15 May 2019 01:04:54 +0900
echo date('c');//2019-05-15T01:04:54+09:00
echo date('r');//Wed, 15 May 2019 01:04:54 +0900
タイムゾーンオフセット秒数ZUTC(世界協定時間=グリニッジ天文台が有る場所東経0度の場所を基準にして決められている時間)の西側のタイムゾーン用のオフセット秒数は常に負になります。UTCの東側のオフセット秒数は常に正になります。 日本は32400なので、+9時間です。-43200 ~ 50400
echo date('Z');//32400
UNIX時間からの秒数UUnix Epoch(エポック秒(UNIX時間))=1970年1月1日0時0分0秒からの秒数1557850516
echo date('U');//1557850516


サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果 [2017/05/04 現在の場合]

本日の日付 書式:2012-01-01 月先頭に0付く 日先頭に0付く
 ・2017-05-05

>本日の日付 書式:2012-1-1 月先頭に0なし 日先頭に0なし
 ・2017-5-5

本日の年
 ・年。4 桁の数字。 2017
 ・年。2 桁の数字。 17

本日の月
 ・月。フルスペルの文字。 May
 ・月。数字。先頭にゼロをつける。 05
 ・月。3 文字形式 May
 ・月。数字。先頭にゼロをつけない。 5
 ・指定した月の日数。 31

本日の日
 ・日。二桁の数字(先頭にゼロがつく場合も) 05
 ・日。先頭にゼロをつけない。 5

本日の曜日
 ・曜日。3文字のテキスト形式。 Fri
 ・曜日。フルスペル形式。 Friday
 ・曜日。数値。 5

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2017年5月3日
最終更新日:2019年05月22日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpsample-date-today/trackback/

page top