menu
ホーム > PHPサンプル > 日付系 > PHP 月末の日付を取得したい
PHPサンプル

UPDATE:2019年06月18日

PHP 月末の日付を取得したい

PHP 月末の日付を取得したい | wepicks!

PHP5 PHP7

月末日を取得

PHP で 月末日 を取得するには、date()関数mktime()関数strtotime()関数 を組み合わせて取得します。また、DateTimeクラス を利用することでも月末の日付を取得できます。
タイムゾーンの指定
※日本時間に合わせます。
php.ini に記述する場合
date.timezone = Asia/Tokyo
スクリプトに記述する場合
<?php date_default_timezone_set ('Asia/Tokyo'); ?>
使用する関数やクラス

書式 date()
日時の文字列 = date('日付/時刻フォーマット文字列' [,UNIXタイムスタンプ]);
//[ ]省略可(タイムスタンプがない場合現在日時となる)
//返り値は文字列(string)
date() が理解できる日付/時刻フォーマット文字列

書式 strtotime()
指定日時のUNIXタイムスタンプ = strtotime('英文形式 OR 日付/時刻 フォーマット文字列');
//返り値は数値(int)、失敗時は FALSE を返す
strtotime() が理解できる英文形式フォーマット文字列
strtotime() が理解できる日付/時刻のフォーマット文字列

書式 mktime()
指定日時のUNIXタイムスタンプ = mktime(時, 分, 秒, 月, 日, 年);
//返り値は数値(int)、失敗時は FALSE を返す

書式 DateTimeクラス
オブジェクト = new DateTime(['英文形式 OR 日付/時刻のフォーマット文字列']);
//[ ]は省略可能です。
DateTimeクラス が理解できる英文形式フォーマット文字列
DateTimeクラス が理解できる日付/時刻のフォーマット文字列
DateTime format()メソッド が理解できるフォーマット文字列

サンプル

※UNIXタイムスタンプは、1970年1月1日00時00分00秒UTC(協定世界時と一致する標準時)らの経過秒数です。例えば2019年5月15日1時34分25秒のUNIXタイムスタンプは 1557851665 となります。


今月の月末(末日)を取得

date() + strtotime() 今月の月末

date()関数strtotime()関数 を組み合わせることで、月末の日付を取得できます。

date()関数 は、指定した日付や時刻のフォーマット文字列から、現在や任意の日付や時間の文字列を返します「 日時の文字列 = date('日付/時刻のフォーマット文字列'); 」。オプションでUNIXタイムスタンプを指定すると、指定したタイムスタンプに合わせた日時の文字列を返します「 日時の文字列 = date('日付/時刻のフォーマット文字列', UNIXタイムスタンプ); 」。タイムスタンプを省略すると現在日時となります。
date() が理解できる日付/時刻フォーマット文字列

タイムスタンプは、strtotime() で取得できます。strtotime()関数 は、「英文形式で指定された日付や時刻のフォーマット文字列」、または、「日付/時刻のフォーマット文字列」を読み込み、結果をUNIXタイムスタンプの数値として返します。
UNIXタイムスタンプ = strtotime('英文形式の日付/時刻フォーマット文字列');
UNIXタイムスタンプ = strtotime('日付/時刻フォーマット文字列');
strtotime() に指定する最も一般的な日時の書式は strtotime('2019-01-02 03:04:05'); というような形です。その他にも様々なフォーマットがあります。興味のある方は以下のページを参照下さい。
strtotime() が理解できる英文形式フォーマット文字列
strtotime() が理解できる日付/時刻のフォーマット文字列

strtotime()関数の引数を「last day of this month」にすることで今月の月末の日付を取得することが出来ます。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-05-31

となります。

例では「last day of this month」という書式の英文形式フォーマットですが、strtotime()は以下のような英文形式フォーマットも扱えます。

  • 「now(今)」
  • 「today(本日)」
  • 「tommorw(明日)」
  • 「yesterday(昨日)」
  • 「+1 day(1日後 -符号もOK)」
  • 「+1 week(1週間後 -符号もOK)」
  • 「+1 month(1カ月後 -符号もOK)」
  • 「+1 year(1年後 -符号もOK)」
  • 「+1 seconds(1秒後 -符号もOK)」
  • 「+1 min(1分後 -符号もOK)」
  • 「+1 hours(1時間後 -符号もOK)」

さらに詳細を知りたい方
strtotime() が理解できる英文形式フォーマット文字列

date() + mktime() 今月の月末

date()関数 の第2引数のUNIXタイムスタンプを mktime()関数 で指定し、月末日を取得します。
mktime()関数 は、指定した日時のUNIXタイムスタンプの数値を返します。時、分、秒、月、日、年 と日時の内容を指定します。mktime(時, 分, 秒, 月, 日, 年);
今月の月末日を取得するには、mktime()関数 の引数の
」を「0
」を「date('m')+1
」を「date('Y')
にします。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-05-31

となります。

DateTimeクラス 今月の月末

DateTimeクラスは様々な日付や時刻を表現できるクラスです。DateTimeクラスを呼び出しオブジェクト(インスタンス)を作成します「 オブジェクト = new DateTime(); 」。DateTimeクラスを呼び出す際に日付や時刻を指定することも出来ます「 オブジェクト = new DateTime('日付/時刻のフォーマット文字列'); 」。省略した場合は現在の日時になります。DateTimeクラスに指定する日時の書式は DateTime('2019-01-02 03:04:05'); というような形です。また、英文形式フォーマット文字列も理解可能で、その他にも様々なフォーマットがあります。興味のある方は以下のページを参照下さい。
DateTimeクラス が理解できる英文形式フォーマット文字列
DateTimeクラス が理解できる日付/時刻のフォーマット文字列

DateTimeクラスのformat()メソッドは、指定した日付や時刻のフォーマット文字列から日時の文字列を返します「 日時の文字列 = オブジェクト->format('日付/時刻のフォーマット文字列'); 」。成功すると日時の文字列を返し、失敗すると FALSE を返します。format()メソッドで指定する日時のフォーマット文字列はdate()関数で指定するフォーマットと同じです。
DateTime format()メソッド が理解できるフォーマット文字列

DateTimeクラスの引数を「last day of this month」にすることで今月の月末の日付を取得することが出来ます。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-05-31

となります。

例では「last day of this month」という書式の英文形式フォーマットですが、DateTimeクラスは以下のような英文形式フォーマットも扱えます。

  • 「now(今)」
  • 「today(本日)」
  • 「tommorw(明日)」
  • 「yesterday(昨日)」
  • 「+1 day(1日後 -符号もOK)」
  • 「+1 week(1週間後 -符号もOK)」
  • 「+1 month(1カ月後 -符号もOK)」
  • 「+1 year(1年後 -符号もOK)」
  • 「+1 seconds(1秒後 -符号もOK)」
  • 「+1 min(1分後 -符号もOK)」
  • 「+1 hours(1時間後 -符号もOK)」

さらに詳細を知りたい方
DateTimeクラス が理解できる英文形式フォーマット文字列

来月の月末(末日)を取得

date() + strtotime() 来月の月末

タイムスタンプにstrtotime()関数を指定し、strtotime()関数の引数を「last day of next month」にし、来月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-06-30

となります。

date() + mktime() 来月の月末

mktime()関数 の引数のdate()関数 の第2引数のUNIXタイムスタンプに mktime()関数 を指定します。
来月の月末日を取得するには、mktime()関数 の引数の
」を「0
」を「date('m')+2
」を「date('Y')
にします。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-06-30

となります。

DateTimeクラス 来月の月末

DateTimeクラスの引数を「last day of next month」にし、来月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-06-30

となります。

再来月の月末(末日)を取得

date() + strtotime() 再来月の月末

タイムスタンプにstrtotime()関数を指定し、strtotime()関数の引数を「last day of +2 month」にし、再来月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-07-31

となります。

date() + mktime() 再来月の月末

date()関数 の第2引数のUNIXタイムスタンプに mktime()関数 を指定します。
再来月の月末日を取得するには、mktime()関数 の引数の
」を「0
」を「date('m')+3
」を「date('Y')
にします。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-07-31

となります。

DateTimeクラス 再来月の月末

DateTimeクラスの引数を「last day of +2 month」にし、再来月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-07-31

となります。

先月の月末(末日)を取得

date() + strtotime() 先月の月末

タイムスタンプにstrtotime()関数を指定し、strtotime()関数の引数を「last day of last month」にし、先月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-04-30

となります。

date() + mktime() 先月の月末

date()関数 の第2引数のUNIXタイムスタンプに mktime()関数 を指定します。
先月の月末日を取得するには、mktime()関数 の引数の
」を「0
」を「date('m')
」を「date('Y')
にします。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-04-30

となります。

DateTimeクラス 先月の月末

DateTimeクラスの引数を「last day of last month」にし、先月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-04-30

となります。

先々月の月末(末日)を取得

date() + strtotime() 先々月の月末

タイムスタンプにstrtotime()関数を指定し、strtotime()関数の引数を「last day of -2 month」にし、先々月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-03-31

となります。

date() + mktime() 先々月の月末

date()関数 の第2引数のUNIXタイムスタンプに mktime()関数 を指定します。
先々月の月末日を取得するには、mktime()関数 の引数の
」を「0
」を「date('m')-1
」を「date('Y')
にします。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-03-31

となります。

DateTimeクラス 先々月の月末

DateTimeクラスの引数を「last day of -2 month」にし、先々月の月末日を取得します。

実行日時 2019年5月現在 の場合。

結果は、

2019-03-31

となります。

任意の月の月末(末日)を取得

date() + strtotime() 任意の月の月末

指定日 2020年12月 末日の場合。

タイムスタンプにstrtotime()関数を指定し、strtotime()関数の引数を「2020-12 last day of this month」にし、任意の月(ex.2020年12月)の月末日を取得します。

2020-12-31

となります。

date() + mktime() 任意の月の月末

指定日 2020年12月 末日の場合。

date()関数 の第2引数のUNIXタイムスタンプに mktime()関数 を指定します。
任意の月(ex.2020年12月)の月末日を取得するには、mktime()関数 の引数の
」を「0
」を「12+1
」を「2020
にします。

2020-12-31

となります。

DateTimeクラス 任意の月の月末

指定日 2020年12月 末日の場合。

DateTimeクラスの引数を「2020-12 last day of this month」にし、任意の月(ex.2020年12月)の月末日を取得します。

2020-12-31

となります。


サンプルコード

– サンプル Click Here ! –

実行結果 [2019年5月現在]
今月の月末(末日)を取得
2019-05-31
2019-05-31

来月の月末(末日)を取得
2019-06-30
2019-06-30

再来月の月末(末日)を取得
2019-07-31
2019-07-31

先月の月末(末日)を取得
2019-04-30
2019-04-30

先々月の月末(末日)を取得
2019-03-31
2019-03-31

任意の日付の月末(末日)を取得
2020年12月の場合
2020-12-31
2020-12-31

– サンプル Click Here ! –


タグ(=記事関連ワード)

タグ: , ,

日付

投稿日:2017年12月1日
最終更新日:2019年06月18日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpsample-date-monthlday/trackback/

page top