menu
ホーム > PHPサンプル > 日付系 > PHP date g「時」を取得<現在/過去/未来>
PHPサンプル

UPDATE:2021年09月22日

PHP date g「時」を取得<現在/過去/未来>

 | wepicks!

PHP4 PHP5 PHP7 PHP8

date('g')/date('g', タイムスタンプ) で 時 を取得する

echo date('g'); echo date('g', UNIXタイムスタンプ);
date()関数 は、指定した日付や時刻のフォーマット文字列から、現在や任意の日付の日時の文字列を返します「 日時の文字列 = date('日付/時刻のフォーマット文字列'); 」。オプションでUNIXタイムスタンプを指定すると、指定したタイムスタンプに合わせた日時の文字列を返します「 日時の文字列 = date('日付/時刻のフォーマット文字列', UNIXタイムスタンプ); 」。タイムスタンプを省略すると現在の日時となります。
date() が理解できる日付/時刻フォーマット文字列


date('g')で現在の 時 を取得

取得内容フォーマット文字説明
g12時間単位。先頭ゼロなし1~12
G24時間単位。先頭ゼロなし0~23
h12時間単位。先頭ゼロあり01~12
H24時間単位。先頭ゼロあり00~23
a午前/午後。小文字表示am pm
A午前/午後。大文字表示AM PM
echo date('g');//12
echo date('G');//0
echo date('h');//12
echo date('H');//00
echo date('a');//pm
echo date('A');//PM

date('g') 現在の 時

実行日時が 2021-09-21 20:57:52 の場合、現在の時 を取得する。

結果は

・g 時。12時間単位。先頭ゼロなし。(1~12):8
・G 時。24時間単位。先頭ゼロなし。(0~23):20
・h 時。12時間単位。先頭ゼロあり。(01~12):08
・H 時。24時間単位。先頭ゼロあり。(00~23):20
・a 午前/午後。小文字表示。(am pm):pm
・A 午前/午後。大文字表示。(AM PM):PM

となります。

date('g', タイムスタンプ) で任意の日時の 時 を取得

date() + strtotime() で任意の日時の 時

date()関数strtotime()関数 を組み合わせることで、任意の日時を取得できます。date() にUNIXタイムスタンプを指定すると、タイムスタンプの日時に合わせた日付や時刻を返します。

タイムスタンプは、strtotime() で取得できます。strtotime()関数 は、「英文形式で指定された日付や時刻のフォーマット文字列」、または、「日付/時刻のフォーマット文字列」を読み込み、結果をUNIXタイムスタンプの数値として返します。日付/時刻のフォーマットと英文形式のフォーマットを組み合わせた書式も読み込めます。
UNIXタイムスタンプ = strtotime('日付/時刻フォーマット文字列');
UNIXタイムスタンプ = strtotime('英文形式の日付/時刻フォーマット文字列');

任意の日時(指定日時)が 2021/09/21 21:06:45 の場合、指定日時の時 を取得する。

結果は

9
21

となります。

strtotime() に指定する最も一般的な日時の書式は strtotime('2021-09-21 00:00:00'); というような形です。例でも「2021-09-21 21:06:45」の日時フォーマットですが、その他にも様々なフォーマットがあります。興味のある方は以下のページを参照下さい。
strtotime() が理解できる日付/時刻のフォーマット文字列
strtotime() が理解できる英文形式フォーマット文字列

日付/時刻のフォーマット文字の例

  • 「00:00:00(時:分:秒)」
    ※日付の指定がが無い場合、現在日が採用。
  • 「02-01-2021(日-月-年)」
  • 「02.01.2021(日.月.年)」
  • 「01/02/21(月/日/年)」
  • 「21-01-02(年-月-日)」
  • 「01/02/2021(月/日/年)」
  • 「Jan. 02, 2021(3文字英語月. 日, 年)」
  • 「02 Jan 2021(日 3文字英語月 年)」

date() + mktime() で任意の日時の 時

date()関数mktime()関数 を組み合わせることでも、任意の日時を取得できます。

mktime()関数 は、指定した日時のUNIXタイムスタンプの数値を返します。時、分、秒、月、日、年 と日時の内容を指定します。mktime(時, 分, 秒, 月, 日, 年);

任意の日時(指定日時)が 2021/09/21 22:00:00 の場合、指定日時の時 を取得する。

結果は

10
22

となります。

date('g') で現在から 未来/過去 の 時 を取得

date() + strtotime()で取得

現在から未来の 時

実行日時が 2021/09/21 22:02:58 の場合、現在から 2時間後の時 を取得する。

結果は

12
0

となります。

現在から過去の 時

実行日時が 2021/09/21 22:02:58 の場合、現在から 8時間前の時 を取得する。

結果は

2
14

となります。

例では「+2 hours」「-8 hours」という書式の英文形式フォーマットですが、strtotime()は以下のような英文形式フォーマットも扱えます。

  • 「now(今)」
  • 「today(本日)」
  • 「tommorw(明日)」
  • 「yesterday(昨日)」
  • 「+1 day(1日後 -符号もOK)」
  • 「+1 week(1週間後 -符号もOK)」
  • 「+1 month(1カ月後 -符号もOK)」
  • 「+1 year(1年後 -符号もOK)」
  • 「+1 seconds(1秒後 -符号もOK)」
  • 「+1 min(1分後 -符号もOK)」
  • 「+1 hours(1時間後 -符号もOK)」

さらに詳細を知りたい方
strtotime() が理解できる英文形式フォーマット文字列

date() + mktime()で取得

現在から未来の 時

実行日時が 2021/09/21 22:02:58 の場合、現在から 2時間後の時 を取得する。

結果は

12
0

となります。

現在から過去の 時

実行日時が 2021/09/21 22:02:58 の場合、現在から 8時間前の時 を取得する。

結果は

2
14

となります。

date('g', タイムスタンプ) で任意の日時から 来年/過去 の時を取得

date() + strtotime()で取得

日付/時刻のフォーマットと英文形式のフォーマットを組み合わせて、任意の日付から未来や過去の時を取得できます。

任意の日付から未来の 時

任意の日付(指定日)が 2021/09/21 23:00:00 の場合、指定日時から 1時間後 を取得する。

結果は

12
0

となります。

任意の日付から過去の 時

任意の日付(指定日)が 2021/09/21 1:00:00 の場合、指定日時から 2時間前 を取得する。

結果は

11
23

となります。

例では「2021-09-21 1:00:00」形式の日付フォーマットですが、strtotime()は以下のような日付フォーマットも扱えます。

  • 「00:00:00(時:分:秒)」
    ※日付の指定がが無い場合、現在日が採用。
  • 「02-01-2020(日-月-年)」
  • 「02.01.2020(日.月.年)」
  • 「01/02/20(月/日/年)」
  • 「20-01-02(年-月-日)」
  • 「01/02/2020(月/日/年)」
  • 「Jan. 02, 2020(3文字英語月. 日, 年)」
  • 「02 Jan 2020(日 3文字英語月 年)」

さらに詳細を知りたい方
strtotime() が理解できる日付/時刻のフォーマット文字列

date() + mktime()で取得

任意の日時から未来の 時

任意の日時(指定日時)が 2021/09/21 00:00:00 の場合、指定日時から 13時間後の時 を取得する。

結果は

1
13

となります。

任意の日付から過去の 年

任意の日時(指定日時)が 2021/09/21 00:00:00 の場合、指定日時から 2時間前の時 を取得する。

結果は

10
22

となります。

使用する関数とタイムゾーン

タイムゾーンの指定
php.ini に記述する場合
date.timezone = Asia/Tokyo
スクリプトに記述する場合
<?php date_default_timezone_set ('Asia/Tokyo'); ?>
※日本時間に合わせます。タイムゾーンに誤りがあると日付系の関数やクラスでエラーが起こる場合があります。
使用する関数

書式 date()
日時の文字列 = date('日付/時刻フォーマット文字列' [,UNIXタイムスタンプ]);
//[ ]省略可(タイムスタンプがない場合現在日時となる)
//返り値は文字列(string)
date() が理解できる日付/時刻フォーマット文字列

書式 strtotime()
指定日時のUNIXタイムスタンプ = strtotime('英文形式 OR 日付/時刻 フォーマット文字列');
//返り値は数値(int)、失敗時は FALSE を返す
strtotime() が理解できる英文形式フォーマット文字列
strtotime() が理解できる日付/時刻のフォーマット文字列

書式 mktime()
指定日時のUNIXタイムスタンプ = mktime(時, 分, 秒, 月, 日, 年);
//返り値は数値(int)、失敗時は FALSE を返す

※UNIXタイムスタンプは、1970年1月1日00時00分00秒UTC(協定世界時と一致する標準時)らの経過秒数です。例えば2019年5月15日1時34分25秒のUNIXタイムスタンプは 1557851665 となります。

タグ(=記事関連ワード)

タグ: , ,

日付

投稿日:2021年9月21日
最終更新日:2021年09月22日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpsample-date-date_g/trackback/

page top