menu
ホーム > PHP関数リファレンス > 配列系 > php end 配列の内部ポインタを最後まで進めて要素の値を取得

php end 配列の内部ポインタを最後まで進めて要素の値を取得

php end 配列の内部ポインタを最後まで進めて要素の値を取得 | wepicks!

PHP4 PHP5 PHP7


php end 配列の内部ポインタを最後まで進めて要素の値を取得

end() 書式
mixed 配列要素の値 = end(array $array);
配列が空の場合 FALSE を返す

サンプル

引数 や 返り値 のデータ型の説明

引数や返り値内容
string文字列型 を受け入れる。
int整数型 を受け入れる。
float浮動小数点数型 を受け入れる。
bool論理型 を受け入れる。
number整数型 | 浮動小数点数型 どちらでも可。
mixed引数に複数のデータ型を使うことが可能。全てではない。例えば gettype()関数 は全ての型を受け入れます。一方、 str_replace()関数 は、文字列型と配列型のみを受け入れる。
array|objectarray|object は、引数が array 配列型 または object オブジェクト型 のどちらでもよいことを示します。
void返り値の型が void である場合、 返り値に意味がないことを表します。パラメータ一覧で void が使用されている場合は、 その関数がパラメータを受け付けないことを表します。
callbackcallback 疑似型がこのドキュメントで使われていたのは、PHP 5.4 で callable タイプヒントが導入される前のことでした。両者はまったく同じ意味です。

end() 内容

配列の内部ポインタを最後まで進めて値を取得

配列には各要素に対する現在の位置を指し示す内部ポインタがあります。end()関数 は、内部ポインタを最後の要素まで進め、要素の値を取得します。

現在、内部ポインタが示している要素をカレント(カレント要素)と言います。配列の要素にはキーと値がセットで格納されており、end は 最後の要素の値を取得します。内部ポインタは配列作成時に初期化されており、最初の要素を示します。reset()関数 で配列の内部ポインタを先頭の要素にセットすることが出来ます。

参照渡し
end()関数 へ指定する配列は参照渡しとなります。関数内で配列の中身を変更するためです。そのため、この関数へは配列そのものを渡す必要があります。配列を返す関数を指定することはできません。 参照渡しが可能なのは、実際の変数だけです。
配列には、現在配列内のどの要素を指しているかを示す内部ポインタがある

end() パラメーター

内容
array $array 必須入力配列。end()関数 は参照渡しなので、配列そのものを指定する必要があります。配列を返す関数を指定することは出来ません。

end() 返り値

mixed
配列の内部ポインタを最後の要素まで進めて配列要素の値を返す。空の配列の場合、end()関数 は FALSE を返す。

end() 変更履歴

PHPバージョン変更内容

php end() サンプル

実行結果
December

実行結果
boolean


タグ(=記事関連ワード)

タグ: , ,

日付

投稿日:2019年7月11日
最終更新日:

関連記事

配列関数サンプル

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/phpfunction-array-end/trackback/

page top