ウェピックスではウェブ界の情報をピックアップします!
menu
ホーム > IT用語集 > HTTP(エイチティーティーピー)

HTTP(エイチティーティーピー)

Pocket

  • HTTPは、Webサーバーとクライアント間でHTMLで記述された情報を送受信するプロトコル

HTTP(エイチティーティーピー) とは【Hyper Text Transfer Protocol:ハイパー・テキスト・トランスファー・プロトコル】の略称で、WebサーバーとWebブラウザなどのクライアントが、HTML(Hyper Text Markup Language:ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ )で書かれた情報を送受信する際に使われるプロトコル(通信規約・通信手段)です。HTTPの通信は通常クライアント側から開始します。

HTTP/1.0はRFC 1945、HTTP/1.1はRFC2616と規格化されています。主な特徴は、原則としてWebブラウザなどのクライアントが1回 GET や PUT といったコマンドをWebサーバーに送ったら、サーバー側から1回結果が返ってくるのみ、という点があります。これをステートレス(stateless:状態を保持しない)なシステムと呼び、プログラムがシンプルで分かりやすいのがメリットです。

しかし同時にこのステートレスなシステムでは、サーバーがレスポンスメッセージを返した時点で状態が初期状態に戻ってしまうという事が言えます。つまり、クライアントの状態を保持しないので、それまでのやりとりを保存できないというデメリットに繋がるのです。

しかしながら、WebサイトやWebサービスではステートフル(状態を保持する)なシステムが要求されます。例えば、Webサイトでユーザーがログインして会員専用ページにアクセスしたり、オンラインサイトで買い物情報をショッピングカートに一時保存したりする場合は、ステートフルなシステムでなければ実現できません。この為、、HTTPにはクッキー(Cookie)というHTTPプロトコルの拡張機能があります。この機能により、ユーザーを特定しステートフルなシステムを構築できるようになります。


タグ(=記事関連ワード)

タグ: ,

日付

投稿日:2015年2月10日
最終更新日:2015年07月01日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-http/trackback/