menu
ホーム > IT用語集 > SQL(エスキューエル) | IT用語
UPDATE:

SQL(エスキューエル) | IT用語

IT用語辞典

  • SQLはリレーショナルデータベース管理システムの操作や定義を行う専門的なデータベース問い合わせ言語

SQLとは、【Structured Query Language】の略称で、RDBMS(Relational DataBase Management System:リレーショナルデータベース管理システム)の操作や定義を行う専門的なデータベース問い合わせ言語です。RDBMS は、関係データベース管理システムとも言います。

SQLは、IBM社によって開発された言語で、同社が開発したデータベース System R を操作するために実装された言語 SEQUEL が起源となっています。

SQL言語は、大きく3つに分けられています。データ定義言語であるDDL(data description language)、データ操作言語であるDML(data manipulation language)、データ制御言語であるDCL(Data Control Language)です。この他に 動的SQL や 埋め込みSQL が用意されています。

DDLでは、テーブルを定義する create文 や 削除する drop文 定義を変更する alter文などがあります。DMLでは、テーブルに格納されているデータを操作する、select文(検索)、insert文(挿入)、delete文(削除)、update文(更新)などがあります。DCLでは、トランザクションを制御する begine文(開始)、commit文(終了)、ROLLBACK(後進復帰)などがあります。

当初、SQLは直接データベース端末を操作する仕組みであったため、その端末で命令文を発行してデータベースにアクセスするもので、オンラインでの利用は考慮されていませんでした。そのため、制御文がなく、宣言型プログラム言語とされていました。現在は、C言語やPHP言語などの手続き型言語を母言語として、その母言語にSQL文を組み込み、オンラインで RDBMS にアクセスし、SQL文の結果を母言語に変換して受け取ることが可能です。これを 埋め込みSQL と呼びます。これにより、Webデータベースアプリケーションの開発が発展しました。

SQL言語は近年 ISO による標準化が進められています。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年8月6日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-sql/trackback/

page top