menu
ホーム > IT用語集 > クッキー(cookie) | IT用語
UPDATE:

クッキー(cookie) | IT用語

IT用語辞典

  • クッキーはクライアント(Webブラウザ)とWebサーバー間の状態を管理する機能や保存されるデータのこと

クッキー(Cookie)は、クライアント(Webブラウザ)とWebサーバー間の状態を管理する機能を提供し、その機能、或いは、そこで発生する保存データ自体を指します。クッキーは、サイトを訪れたユーザーのブラウザに文字列データを格納することで、例えば、再度サイトを訪問したユーザーを特定したりすることが可能です。クッキーは、HTTPプロトコル(クライアントとWebサーバー間でHTMLデータのやりとりを行う通信規約)の拡張で、Set-Cookieレスポンスヘッダー と Cookieリクエストヘッダー という2つのHTTPヘッダーから成り立ちます。クッキー(Cookie)は厳密にはHTTP cookie(エイチティーティーピークッキー、単にCookieとも表記される)といいます。

クッキー(Cookie)はHTTP通信によってWebサーバとWebブラウザの間で状態を管理する機構です。或いは、このシステムによってWebサーバーとWebブラウザとの通信で、Webブラウザに保存された情報それ自体のことを示します。つまり、WebサーバーとWebブラウザ間での情報の通信・管理・保存データ等のことをクッキー(Cookie)といいます。

このように、サーバーとユーザー間での情報の通信と保存が可能なので、固有のユーザを識別することができます。固有のユーザーを識別できるということは、例えば、ホームページへの訪問階数をユーザー毎に表示させたり、ユーザーのログイン状態を維持させたり、ユーザー専用のショッピングカート機能を実装したりすることが可能になります。


タグ(=記事関連ワード)

日付

投稿日:2017年11月29日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-cookie/trackback/

page top