menu
ホーム > IT用語集 > Zen Cart(ゼンカート) | IT用語
UPDATE:

Zen Cart(ゼンカート) | IT用語

IT用語辞典

  • Zen Cart(ゼンカート)はオリジナルオンラインショップを構築するためのオープンソースのソフトウェア

Zen Cart(ゼンカート)とは、オリジナルオンラインショップを構築するためのオープンソースのソフトウェアです。PHPMySQLで作られており、GPL(The GNU General Public License:ソフトウェアライセンス=フリーソフトウェアライセンス)で配布されているので、自由にソフトをダウンロードして利用できます。また、再配布や改変も自由に行えます。Zen Cart は、osCommerce に基づいて開発されており、2003年に osCommerce の派生ソフトとして、Zen Cart が誕生しました。Windows IISサーバーやLinux Apacheサーバー上で動作しますが、Apacheサーバーが推奨されています。

非常に高機能であり、日本でも導入実績も多くあります。インストールは比較的容易で、デザインはテンプレート化されているので、HTMLPHPの知識があればカスタマイズが可能です。モジュールなども多数用意されているので、必要な機能を必要に応じて増やすことが可能です。携帯にも対応しており、ポイント機能もあります。商品情報などのコンテンツ管理は、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)機能で容易に編集できます。各種CMS(XOOPS、Geeklog、WordPressMovable Type)との連動なども可能です。

CMS(シーエムエス)とは、【Content Management System:コンテンツ・マネジメント・システム】の略称で、Webコンテンツを管理する仕組みやソフトウェアのことです。CMSでは、文書や画像などのWebコンテンツやレイアウトなどのデザイン要素を一元的に管理し、Webブラウザを介して、CMS管理画面からコンテンツの掲載、更新、削除やデザインの変更などを行うことが出来ます。このため直接ファイルを編集する必要がありません。従来、Webサイトを開発・運用するには、HTMLやcss、Webサーバーへのファイル転送など専門的な知識が必要でしたが、CMSを利用することでそのような知識がなくてもWebサイトを簡単に作成・運用出来るようになりました。

豊富な販売促進機能が用意されています。例えば、売れ筋商品ランキング表示や、新商品カテゴリや注目商品カテゴリ表示などです。多言語や多通貨にも対応しており、カード決済や配送機能もサポートしています。また、サイト管理者は専用管理画面をWebブラウザから操作することができ、商品の追加削除が行うことができるほか、顧客情報、注文処理状況、購入履歴、またカスタマーレビューなど即座に確認・編集することができます。その他にも様々な機能が用意されているので、ECサイトの運営・管理が円滑に行えます。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年11月26日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-zencart/trackback/

page top