menu
ホーム > IT用語集 > SSI(エスエスアイ) | IT用語
UPDATE:2017年08月08日

SSI(エスエスアイ) | IT用語

IT用語辞典

  • SSIはHTML文書に組み込まれたコメントをWebサーバー側で実行し、実行結果をコメント部分に出力する機能

SSI(エスエスアイ)とは【Server Side Include:サーバー・サイド・インクルード】の略称で、HTML文書に組み込まれたコメントをWebサーバー側で実行し、実行結果をコメント部分に出力する機能のことです。クライアント(ブラウザ)はHTML文書のコメントに出力された実行結果をWebブラウザを通して受け取ることが出来ます。CGIなどの技術と同様に、動的なコンテンツを生成することが出来ます。ヘッダーやフッター、グローバルメニューなど、共通の内容を全ページに埋め込む際などにも多く利用されます。

SSIを使用するには、WebサーバーがSSIをサポートしている必要があります。SSIを利用することで、全HTMLファイルに同一のヘッダーやフッターを表示させたり、カウンターを設置することが可能になります。SSIによって呼び出す内容はWebサーバーの仕様によって変わります。

SSIのサンプル

現在はPHPなどで容易に似たような機能を持たせることが出来るので、利用される機会は減ってきています。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年8月7日
最終更新日:2017年08月08日

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-ssi/trackback/

page top