menu
ホーム > IT用語集 > バックボーン(Back Bone) | IT用語
UPDATE:

バックボーン(Back Bone) | IT用語

IT用語辞典

  • バックボーンとは大規模ネットワークの中核をなす拠点間を結ぶ大容量高速基幹回線

バックボーン(Back Bone)とは、大規模ネットワークの中核をなす拠点間を結ぶ大容量高速基幹回線のことです。ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)やホスティング業者など事業者間、IDC(インターネット・データセンター)間、大手通信会社の拠点間、国家間、などの大規模なネットワークを結ぶ大容量高速インターネット回線のことです。コアネットワークや基幹回線網などとも呼びます。

ビルなどの施設の場合、フロア間や施設内拠点間を結ぶLANの幹線もバックボーンと呼びます。

これに対して、家やオフィスフロアのネットワーク回線のことをワークグループネットワークなどと言います。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年12月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-backbone/trackback/

page top