menu
ホーム > IT用語集 > SSH(エスエスエイチ) | IT用語
UPDATE:

SSH(エスエスエイチ) | IT用語

IT用語辞典

  • SSH【Secure Shell:セキュア・シェル】はネットワーク上の機器を遠隔操作するための暗号化されたプロトコル(通信規約・通信手順)

SSH(エスエスエイチ)とは【Secure Shell:セキュア・シェル】の略称で、ネットワーク接続された機器を遠隔操作する際に用いられるプロトコル(通信規約・通信手順)です。SSHを利用することで、ネットワークを介して遠隔地にあるコンピューターにログインしたり、コマンド(キーボート入力によるコンピューターへの命令)を実行したりする事が可能です。

SSHは、パスワード情報を含めたすべての情報を暗号化することで、ネットワーク上で安全にデータを送信させます。これに対し、telnetは、ネットワーク上でパスワードなどのデータが平文で送信される為、盗聴される可能性があります。

SSHの暗号通信は通信自体を高速な共通鍵暗号を用いて行うハイブリット暗号です。このプロトコルは、公開鍵認証、ワンタイムパスワード、パスワード認証、なりすまし防止など複数の機能を組み合わせてセキュリティー対策を施しています。

SSHに対して行われる攻撃にブルートフォースアタックがあります。この攻撃が成功するとシェル(OSのユーザーに対応したインターフェース)へのアクセス権限が奪われてしまいます。

Linuxなどにおいては、オープンソースで開発・提供されているOpenSSH(SSHプロトコルを使用するフリーツール)が標準的に利用されています。

SSH は iOS や Android にも搭載されている機能なので、スマートフォンやタブレットを利用した遠隔操作を安全に行える環境なども構築可能です。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年8月9日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-ssh/trackback/

page top