menu
ホーム > IT用語集 > TLS(ティーエルエス) | IT用語
UPDATE:

TLS(ティーエルエス) | IT用語

IT用語辞典

  • TLSはインターネット上の通信を暗号化する技術の1つで、暗号化通信プロトコルです。

TLSとは、【トランスポート・レイヤー・セキュリティー:Transport Layer Security】の略称で、インターネット上の通信を暗号化する技術の1つ、暗号化通信プロトコル(通信規約・通信手順)です。TSLは、バージョン1.0 ~ 1.2まで開発(2017/8現在)されていますが、TLS 1.0は、アメリカのNetscape Communications社によって開発された SSL3.0 に改良を加えられたプロトコルです。そのため、TLSは特に区別する場合を除いてSSL(Secure Sockets Layer)と呼ばれています。SSLとTSLのバージョンは、
1.1 SSL 1.0
1.2 SSL 2.0
1.3 SSL 3.0
1.4 TLS 1.0
1.5 TLS 1.1
1.6 TLS 1.2
となっています。
RFC2246としてIETFで標準化されています。

TSL通信を利用することによって、インターネット上のデータ送受信を安全に行うことが出来ます。近年ではインターネットの発展によって様々な情報が行き交っていますが、中には機密性の高い情報も多く含まれています。例えば、企業情報や個人情報、パスワード情報、クレジットカード情報などです。このような機密性の高い情報のやりとりをTSL通信路を通すことで、暗号化による保護を受けることが出来ます。これにより第三者の「なりすまし」「改ざん」「事後否認」「盗聴」などによる攻撃を防ぎます。

TSLの暗号化は、共通鍵暗号に基づき、デジタル証明書、秘密鍵暗号、ハッシュ関数などのセキュリティー技術を組み合わせて安全性を高め、データへの不正アクセスを防ぎます。

TSLは、特定のアプリケーション層プロトコルに依存しないため、多くのプロトコルに利用されています。HTTPFTP などのプロトコルを利用するアプリケーションソフトからも利用が可能です。

TSL通信を行っているWebページでは、ブラウザのアドレスバーに表示されているURL が 「https://・・・」と表示されます。https の s は(Secure:セキュア)を意味する s です。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年8月29日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-tsl/trackback/

page top