menu
ホーム > IT用語集 > SMTP(エスエムティーピー、Simple Mail Transfer Protocol) | IT用語
UPDATE:

SMTP(エスエムティーピー、Simple Mail Transfer Protocol) | IT用語

IT用語辞典

  • SMTPはインターネットやイントラネットで電子メールを転送するための専用プロトコル

SMTPとは、【Simple Mail Transfer Protocol:シンプル・メール・トランスファー・プロトコル】 の略称で、インターネットやイントラネットで電子メールを送信するための専用プロトコル(=通信規約・通信手順)です。また、SMTP は通常ポート番号25番となります。ポート番号はTCP/IP通信で送信される通信パケットが、どのプログラムで処理するかを識別するための番号です。この番号によってコンピューターはポート宛てのパケット内容を処理するプログラム(Apache、MySQLなど)を起動・処理します。SMTP に対応したメールサーバーを SMTPサーバー と言います。これに対して受信専用のプロトコルを POP(Post Office Protocol) と言い、POP に対応したサーバーを POPサーバーと言います。

送信メールは、パソコンなどのメールソフトから SMTP 通信路を通って、自身が所属するネットワークのメールサーバーへ転送され、そこからさらに宛先のメールサーバーへ転送されます。通常メールサーバーはインターネット回線を契約しているISP(インターネット・サービス・プロバイダー)などのメールサーバーを利用します。この場合、メールサーバーは送信用のSMTPサーバーと受信用POP3サーバーの両方の機能を兼ね備えています。レンタルサーバー(共用サーバー)などでも、SMTPサーバー、POPサーバー、IMAPサーバーなどの送受信用メールサーバー機能が提供されます。

SMTP には、ユーザーを認証する機能がありません。これは、インターネット上の誰もが他者のメール送信サーバーを利用できてしまうリスクを孕んでいます。このため、メール送信サーバーがスパムメール(迷惑メールなど)の中継サーバーとして悪用されるケースが頻発しました。そうした背景のもと、SMTPに認証機能が追加されました。

認証機能は、「POP before SMTP」と「SMTP AUTH(SMTP Authentication)」という2つの方法があります。「POP before SMTP」は送信前に POP3 による受信動作を行うことによって認証を行う仕組みであり、「SMTP AUTH」は送信の際にIDとパスワードによって確認する仕組みです。「POP before SMTP」の場合、送信前に受信動作を行わないと、エラーが発生し、送信を行うことができません。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年8月3日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-smtp/trackback/

page top