menu
ホーム > IT用語集 > ファイアウォール(Fire Wall) | IT用語
UPDATE:

ファイアウォール(Fire Wall) | IT用語

IT用語辞典

  • ファイヤーウォールは特定のコンピューターネットワークの内部と外部の通信を監視・制御し、不正侵入を防ぐシステム

ファイアウォール(Fire Wall)は、特定のコンピューターネットワークとその外側との通信を制御し、不正な侵入を防ぐシステムです。ファイヤーウォールはソフトウェアやソフトウェアをインストールしたハードウェアであったりしますが、ネットワーク内を不正侵入から保護する技術体系のことを指します。

ファイヤウォールは日本語にすると防火壁となりますが、外部からの侵入を火に例え、その不正なアクセス(クラッキング)を防ぐという意味でファイヤーウォール=防火壁と呼ばれています。

企業や官公庁などのコンピューターは、機密性の高い情報を扱っています。そのような組織内のデータは、外部からの不正アクセス(クラッキング)によるデータの盗聴、改竄、破壊などの攻撃から保護する必要があります。そのような攻撃を防ぐために、ネットワークの内部と外部の間で、不正侵入を監視し遮断する必要があり、ファイヤウォールはその役目を果たします。

Webアプリケーションに特化したファイヤーウォールであるWAFというものもあります。WAFはネットワークからの不正アクセスを検知・防止するファイヤーウォールで、アプリケーションレベルでの防御を特徴としています。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年12月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

https://wepicks.net/itglossary-firewall/trackback/

page top