menu
ホーム > IT用語集 > IPv6(アイピーブイシックス)
UPDATE:

IPv6(アイピーブイシックス)

IT用語辞典

  • IPv6はIPの一種であり、インターネット上のコンピューター間でデータのやり取りを行う際に使用するプロトコル(通信規約・通信手順)

IPv6(アイピーブイシックス)とは【Internet Protocol Version6:インターネット・プロトコル・バージョン6】の略称で、現在使われているIP(インターネット・プロトコル)の一種で、インターネット上のコンピューター間でデータのやり取りを行う際に使用するプロトコル(通信規約・通信手順)です。IPとは、インターネット上のコンピューター間でデータのやり取りを行う際に使用するプロトコル(通信規約・通信手順)です。

V6とは、Version6(バージョン6)を意味しており、現在メインで使われているIPv4で発生しているアドレス資源の枯渇問題を解消するためにIPv6が開発されました。IPv6ではアドレス資源を128ビットで管理するため、対応出来るアドレス総数が京を超えます(340兆の1兆倍の1兆倍=340澗個)。IPv4ではアドレスの総数が約43億個です。

日本国内においては、一部のISPで商用や実験サービスが行われています。しかし、IPv4とIPv6の間に互換性が無い為、IPv6のネットワークにIPv4のインターネット網からアクセスが出来ない等の問題も発生しています。IPv6に対応していないソフトウェアやネットワーク機器は、新たにソフトをインストールする必要があります。そのため、IPv6の普及がなかなか進んでいないというのが現状です。

しかしながら、2012年6月6日には「World IPv6 Launch」として、主なインターネットサービスを一斉にIPv6に完全移行させるイベントが実行されました。今後もIPv6い対応したインターネットサービスが拡大してゆくでしょう。


タグ(=記事関連ワード)

タグ: ,

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-ipv6/trackback/

page top