menu
ホーム > IT用語集 > Mac(マック、Macintosh、マッキントッシュ)
UPDATE:

Mac(マック、Macintosh、マッキントッシュ)

IT用語辞典

  • Macはアップル社が開発・販売を手掛けるパーソナルコンピューターのシリーズ名

Mac(Macintosh、マッキントッシュ)とは、アップル社が開発・販売を手掛けるパーソナルコンピューターのシリーズ名です。通称 Mac(マック)と呼ばれ、正式名称はマッキントッシュ(Macintosh)です。アップル社は、Macシリーズによってユーザーニーズを先取りする斬新でデザインに優れた製品を市場に送り続けました。Macは世に変革をもたらした歴史に残る製品です。

1979年にアップル社の開発チーム ジェフ・ラスキンの着想によりマッキントッシュ(Macintosh)プロジェクトが始まりました。1980年以降、アップル創業者のスティーブ・ジョブズがプロジェクトを引き継ぎ、1984年1月24日に初代マッキントッシュが発売された。

Mac は、 Windows の基本システムとなった MS-DOS という OS(オペレーティングシステム:コンピューターの基本システム)が主流だった時代に後発として世に送り出されました。MS-DOSは、コマンド操作という文字入力による命令操作をするCUI(Command Line Interface)機能が主体の OS でした。一方Macは、グラフィカルな画面にマウスによる操作でコンピューターに指示を与えるGUI(Graphical User Interface)機能を備えた時代を先行する OS を搭載したパーソナルコンピューターとして世に送り出され、大きな反響を呼びました。Mac は発売当初から優れた機能や斬新なデザインを備えた画期的なパーソナルコンピューターでした。

Mac は 個人ユーザーのニーズに特化し、また、優れたデザイン性能により、DTPデザイン、音楽、映像などの分野で非常に高い人気を得ています。さらに、Macの基本システムである OS が Mac OS X より UNIXシステムをベースに開発されたことにより、 UNIX 系のソフトウェアが容易に移植できるようになったため、デザイン分野だけでなく、工学や理工の分野でも採用されるようになりました。

Macは発売当初、他のパーソナルコンピューターがPC/AT互換機(パーソナルコンピューターの業界標準規格)だったのに対して、唯一単一メーカーによる製品で独自のアーキテクチャを持っていました。CPUにはモトローラ製のMC68000が採用され、1994年には、IBMとモトローラによるPowerPCが開発され搭載されてきました。2006年からはインテル製のCPUに切り替えられ、PC/AT互換機と同等に仕組みに変更され、インテルアーキテクチャのハードウェアとなりました。PowerPC を搭載した Mac は Power Macintosh と呼び、Intel製のCUPを搭載した Mac を Intel Macintosh と呼びます。

1997年 MicrosoftとAppleの業務提携により、MacとWindows系のパーソナルコンピューターの互換性が高まり、Microsoft Office なども Mac に提供されるようになりました。2006年にはAppleから Boot Camp(ブートキャンプ)という、Intel Mac上でWindows系 OS を起動できるソフトウェアが提供されるようになり、WindowsユーザーでもMacを気軽に利用できるようになりました。また、アップル社製の製品で、iPhone や iPad、iPodなどの製品からMacへの誘導にも成功しており、徐々にシェアを伸ばしてきています。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-mac/trackback/

page top