menu
ホーム > IT用語集 > NCSA httpd (エヌシーエスエー httpd)
UPDATE:

NCSA httpd (エヌシーエスエー httpd)

IT用語辞典

  • NCSA httpdはNCSAで開発された世界で2番目のWebサーバーソフトウェアです

NCSA httpd (エヌシーエスエー httpd)とは、NCSA【National Center for Supercomputing Applications:米国立スーパーコンピュータ応用研究所】で開発された、Webサーバーソフトウェアです。このWebサーバーは世界で2番目に開発されました。1番目に開発されたWebサーバーは、CERN httpdです。また、NCSA httpdはCGI(Common Gateway Interface)を始めて導入したWebサーバーでもあります。

NCSA httpd は、インターネット上のWebサーバーの95%で使用されていた時期がありました。ですが、開発スピードは次第に遅くなり、開発プロジェクトは Apache に引く継がれました。現在は、NCSA httpd の殆どが Apache に移行しています。Apacheは世界で最も普及しているオープンソースのWebサーバーソフトウェアです(2013年12月現在)。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-ncsa/trackback/

page top