menu
ホーム > IT用語集 > リレーショナルデータベース(Relational Database、関係データベース) | IT用語
UPDATE:

リレーショナルデータベース(Relational Database、関係データベース) | IT用語

IT用語辞典

  • リレーショナルデータベースは関係モデル(リレーショナルモデル)と呼ばれる方式に基づいて設計されたデータベースのこと

リレーショナルデータベース(Relational Database、関係データベース)とは、1970年にIBMのエドガー・F・コッド(Edgar F. Codd)氏によって考案された関係モデル(リレーショナルモデル)と呼ばれる方式に基づいて設計されたデータベースのことです。関係データベースは現在最も主流のデータベースの1つです。データベースとは、類似性の高いデータを複数ユーザーで整理・統合し、検索や抽出を行うデータの集合のことです。

コンピューターにデータベースを構築し、効率的に管理・運用するために特化したシステムやソフトウェアのことをDBMS(Database Management System:データベース管理システム)と言います。そして、関係データベースを管理するためのソフトウェアをRDBMS(Relational Database Management System:関係データベース管理システム)と言います。

関係データベースは、縦横の列と行を成す表に似た構造にデータを格納します。縦はカラム(列)と言い属性を指定します。属性は文字列や整数、テキストなどデータ型を表します。横はレコード(行)と言い組を表します。属性(縦 カラム)と組(行 レコード)で構成された表をテーブルと言います。カラムとレコードの交差部分をフィールドど言い 実際のデータ が格納されます。このように纏められたデータベースは、SQLなどの問い合わせ言語を用いて、容易にデータの結合や抽出が行えます。

関係データベースは、Oracle Database、Microsoft SQL Server、MySQLPostgreSQLなどのDBMS(関係データベース管理システム)によってサポートされているデータベースがそうです。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年12月1日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-relationaldb/trackback/

page top