menu
ホーム > IT用語集 > Ruby(ルビー)
UPDATE:

Ruby(ルビー)

IT用語辞典

  • Rubyはオブジェクト指向のスクリプト言語

Ruby(ルビー)とは、オブジェクト指向のスクリプト言語です。日本のソフトウェア技術者である「まつもとゆきひろ氏」個人によって開発されました。通常の手続き型プログラミングに加え、オブジェクト指向プログラミングを行う事が出来ます。スクリプト言語とは、このプログラムで書かれたアプリケーションが、その動作内容を示すソースコードを台本のように解釈しながら実行する種類の簡易的なプログラム言語のことです。また、記述したプログラムは実行までの手順が簡略化されており、直ぐに結果を出力出来るのも特徴の1つです。良く知られているスクリプト言語は、JavaScript、Perl、Python、PHPRubyなどがあります。

Rubyは、強力な正規表現処理能力がありテキスト処理に優れています。シンプルな文法でイテレータなどの機構を備え、また、可読性の高さを意識して作られた構文により、比較的簡単にプログラミングが可能です。Rubyは、演算子オーバーロード、マルチスレッド、クラス定義、正規表現処理、イテレータ、クロージャ、例外処理、ガベージコレクションなど、本格的なオブジェクト指向プログラミングを行える機能を備えています。Perl(パール)のように手軽に使える上に、拡張モジュールを組み込む事も可能です。簡易的で手軽な上に、充実した機能を備えたRubyは現在人気のプログラム言語の1つであり、利用者が増えています。

RubyはOSS(Open Source Software:オープンソース・ソフトウェア)として提供されているため、無償で利用する事が出来ます。また、Linux OS、UNIX系 OS、Mac OS、Windows OSなど、Webサーバーは Apache や IIS といったほとんどすべてのサーバー上で動作可能なクロスプラットフォームに対応しています。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2015年7月12日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-ruby/trackback/

page top