menu
ホーム > IT用語集 > WAR(ウォー、ダブリュエーアール) | IT用語
UPDATE:

WAR(ウォー、ダブリュエーアール) | IT用語

IT用語辞典

  • WARはJava EE仕様で作成されたアプリケーションを一つのファイルに纏めてパッケージとして圧縮する形式

WAR(ウォー、ダブリュエーアール)とは【Web Application Archive(Servlet):ウェブ・アプリケーション・アーカイブ】の略称です。Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)仕様で作成されたアプリケーションを一つのファイルに纏め、パッケージとして圧縮する形式のことです。アプリケーションのドキュメントルート(Webサーバーインターネットに公開するディレクトリ)以下のファイルがZIP形式で圧縮されパッケージ化されます。

アプリケーションにはJSPファイル、クラスファイル、htmlファイル、画像ファイルなど、様々なファイルが存在しますが、これらのファイルは定められたディレクトリに配置することでアプリケーションが動作します。WARでパッケージ化されたファイルはWebサーバーで定められたアプリケーションフォルダに配置し、展開することで、一気にアプリケーションをインストールすることが出来ます。インストール後はWebブラウザからアクセスが可能になります。

WARはアプリケーションを他のサーバーに移動したり、インターネット上で配布したりする場合にとても便利です。


タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2017年9月20日
最終更新日:

関連記事

このカテゴリの他のページ

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://wepicks.net/itglossary-war/trackback/

page top